港北区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

ウクレレ教室の生徒と台風被害の北海道を支援するチャリティーライブを開いた 内海(うちうみ) 祐太さん 樽町在住 44歳

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena

独創的に生きる

 ○…講師を務めるウクレレ教室の生徒とともに、台風10号で甚大な被害を受けた被災地・北海道のため、チャリティーライブを実施した。チャリティーは、東日本大震災以来、自らイベントを主催するなどして、継続してきた。「震災をきっかけに音楽でできることをしたいという思いがあった。ライブはこれからも続けていきたい」

 ○…鶴見区駒岡でウクレレ教室を主宰。樽町に住んでおり、親しい駒岡の居酒屋店主からの勧めで4年前に開いた。「会員も増え、楽しく続けられている」と順調ぶりを語る。国内外を飛び回るプロ演奏家でもあり、ハワイの国際コンテストでは日本人初となるMVPを受賞した経験も持つ。ウクレレとの出会いは偶然。母はピアノ、兄はベースなど、楽器が堪能な音楽家族に生まれ、自身も20年ほど前からギターを演奏。ギターの仕事が少なくなり就職した楽器店でウクレレを勧められ、のめり込んだ。「ギターよりシンプルな作り。使える機能が少ないほど、自分の独創性が引き出せる奥深さに惹かれた」

 ○…30代前半ごろまではミュージシャンのかたわら、総合格闘家としても活躍した異色の経歴も。高校時代にアマチュアレスリングを始め、キックボクシングやコマンドサンボと呼ばれる格闘技も得意としていた。「有名選手とも戦い、100kgの人を5秒で倒したりね」と武勇伝を披露する。演奏に必須な手の爪が試合では邪魔になってしまうため、一線からは退いたが今も練習は続けている。

 ○…ウクレレは「世界一ピースフルな楽器」と評価する。「子どももお年寄りも弾ける気軽な楽器。今年は14歳の生徒を国際コンテストで優勝させることができた。これからも活躍する子を育てたい」。まだ7年ほどのプロとしてのキャリアもさらに充実させていく。「キューバやアメリカなど世界中のフェスティバルで演奏したい」。オンリーワンの個性を奏で続けていく。

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

高安 宏昌さん

港北図書館の館長に就任した

高安 宏昌さん

港北区在勤 58歳

5月7日号

鵜澤 聡明さん

4月1日付で港北区長に就任した

鵜澤 聡明さん

青葉区在住 58歳

4月29日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

4月22日号

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

昨年度新設された箕輪小学校の校歌を作詞・作曲した音楽家の

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

戸塚区出身 46歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

港北区出身 48歳

4月1日号

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter