港北区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

区薬剤師会和田理事 県の学術大会で優秀賞 実習生の地域内育成発表

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
地域で活動する薬学部学生
地域で活動する薬学部学生

 1月15日、パシフィコ横浜で行われたかながわ薬剤師学術大会(県薬剤師会など主催)の会員発表で、港北区薬剤師会理事の和田野歩さん(32)が口頭発表部門で優秀賞を受賞した。区薬剤師会は薬学部学生の実習の一環として、地域住民などと交流させる独自の取り組みをしているが、今回はその活動が評価された。

 同大会は、薬剤師の間で最新情報や業務改善に関する成果など意見交換し合うイベントで、医療関係者による特別講演などが行われる。その中で県内の各薬剤師会が取り組んでいる活動を発表する「口頭発表部門」があり11人が登壇したなか、和田さんが見事優秀賞を獲得した。

年40人を受け入れ

 文部科学省は薬学部の教育方針を見直し、これからの薬剤師のあるべき姿として「チーム医療への参画」「地域の保健・医療における実践的能力の習得」を含んだカリキュラムを提示した。同会ではそれ以前から10大学以上、年間約40人の学生を受け入れている。「ふるさと港北ふれあいまつり」や「歯と口の健康週間」などの地域イベントや、行政、医師、ケアマネージャーとのグループディスカッションにも学生を参加させている。多様な職種と連携している取組や地域住民に直接触れさせることにより、実践的にスキルアップを図ってもらうことを目的としたものだ。

 当日は写真などを提示しながら具体的に紹介していった。実習を振り返り、「初め学生たちは、受け身な姿勢でしたが、地域住民の声を実際に聞き他職種の人々と活動することによって、『自分から動こう』と意識するようになっていました」と語る。

 県薬剤師会では、「学生が実際に地域連携に参加する環境を作ることは、薬局単位ではどうしても限界があるのが現実といえる。港北区薬剤師会の取り組みは、学生の成長はもとより、社会貢献につながる内容だった」と高く評価していた。

和田野歩さん
和田野歩さん

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook