港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

爆破テロ想定し訓練 市、県、国が日スタで実施

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
各種部隊に救出される負傷者
各種部隊に救出される負傷者

 ラグビーの親善試合中に突然スタンドで大規模な爆破音が響き、白い煙が立ち上がった――。

 これは日産スタジアムで9日、国・神奈川県・横浜市共同で行われたテロ対策訓練の模様だ。

 日スタで爆破テロが発生し、約2000人の死傷者が発生したことを想定して行われた同訓練。県警本部のほか横浜・川崎・相模原各市消防局や港北消防団、陸海空自衛隊、各種医療機関などが参加した。

 訓練開始直後には、数100人の観客役の一部がスタジアムの外へ逃げ出すなど、本番さながらの場面もあった。その後、西ゲート付近に港北警察署や横浜消防局が指揮本部を設置。スタンドで倒れている負傷者や、逃げる際に階段で将棋倒しになった負傷者らを次々と外へ運び出し、患者の重症度によって治療の優先度を決定して選別するトリアージを実施。選別した負傷者を近隣の横浜労災病院への救急搬送訓練も行われた。さらに、崩落した天井の下敷きになった要救助者がいることを想定し、特殊工具を使用し救出する光景が見られた。

 また、スタジアム内には危機管理対策本部が設置され、机上でシミュレーションを行う「図上訓練」も同時に行われた。近隣の横浜アリーナでの生物剤散布や、赤レンガ倉庫での襲撃犯による立てこもり事案などを想定した。

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク