港北区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

港北区スポーツ推進委員連絡協議会の会長に就任した 小松 賢吉さん 新羽町在住 58歳

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena

”顔がわかる”関係を大事に

 ○…今年度、港北区スポーツ推進連絡協議会会長に就任。99年の体育指導委員着任から約20年活動してきた。「日本の底力は地域コミュニティの力。スポーツ振興を通して地域にとって大切な『共助』の精神を醸成していければ」と語る。

 ○…実は、子どもの頃からの難聴者。「合う補聴器がなく、今は基本的に、相手の言葉が聞こえないんですよ」。明るく滑らかに話す口調からは想像できないが、通常は口元の動きで相手の言葉を推測し、どうしてもわからないときは筆談だという。各会議の場でも、周囲が筆談などでフォローしてくれるため、背伸びせずありのままの自分で職務を遂行。「できない自分をさらけ出し、恥をかくことで、周囲の方のサポートもいただきながら、健常者と障害者が共生できる環境を作ることができれば」

 ○…「スポーツ推進委員」は各町会に1人置かれ、地域行事である運動会(健民祭)や盆踊り大会、駅伝大会などの企画運営を行う。町会活動に関わろうと思ったきっかけは、95年の阪神淡路大震災。横浜と神戸が共通点の多い街であることが「他人事ではない」という意識につながった。当時、子どもも小さかったが自分は近所に顔見知りがいない状況。何か災害が起きた時、助け合うには日頃からの関わりが必要と町会活動に飛び込んだ。

 ◯…小3からボーイスカウトに参加。自然・田舎が大好き。趣味の自転車では、息子と毎年夏休みに10年かけて、北海道を一周した。中学から玉川学園に進学。同学園モットー「人生の最も苦しい いやな辛い損な場面を真っ先きに微笑みを以って担当せよ」を今も胸に刻む。教員免許も取得したが教師や教育への夢は叶わず、しかし現職の横浜市交通局ではコンピューターの導入から携わり「非常にやりがいのある仕事」とどこまでも前向き。この明るい笑顔が周囲を巻き込み、今の人望を形づくっている様子を垣間見た気がした。

港北区版の人物風土記最新6

池田 紳一郎さん

日吉普通部通り商店街会員として地域活性に取り組み、音楽行事なども主催する

池田 紳一郎さん

日吉在住 37歳

11月19日号

浅沼 芳征さん

横浜市初のプロアイスホッケーチーム、横浜GRITS(グリッツ)の監督を務める

浅沼 芳征さん

町田市在住 51歳

11月12日号

石島 静子さん

綱島で30年以上フラダンス教室を営み、国際大会に出場した経歴を持つ

石島 静子さん

新吉田東在住 84歳

11月5日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月29日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

社会人経験を生かした創作落語などを、区内や海外で幅広く披露する

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

新吉田東在住 63歳

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク