港北区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

港北観光協会 まちの魅力を再発見 フォトコン入選作決定

文化

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
春の青空と日産スタジアムを背景に咲き誇る桜を映した「空よりも、銀傘よりも、高く咲く」
春の青空と日産スタジアムを背景に咲き誇る桜を映した「空よりも、銀傘よりも、高く咲く」

 港北観光協会主催の「港北まちの魅力フォトコンテスト」入賞作品が先頃決定し、鶴見区在住の丸山朋夫さんの作品「空よりも、銀傘よりも、高く咲く」が最優秀賞に輝いた。

「スケール感出した」

 この作品は昨年の4月に撮影したもので「ただ桜を大きく撮るだけでは面白くないので、あたかも日産スタジアムの銀傘にかぶさるような構図でスケール感を出すよう工夫しました」と丸山さん。同フォトコンテストへの応募は2回目で、今回は7、8点ほど応募したとのこと。前回応募時も景観部門で入選。その写真は港北区ウォーキングマップ(第一弾)の表紙でも使われている。丸山さんは、鶴見区在住だが、徒歩10分ほどで港北区。「自分は『準・港北区民』だと思っている。今回最優秀賞に選んでいただいたことは、大変光栄であり、嬉しい限り」と受賞のコメントを寄せた。

 他、入選作品名・受賞者は以下の通り。敬称略。【1】景観部門賞・「現在進行形」の街(丸山朋夫)/晩秋の輝き(黒須睦夫)/春のお休み所(保科桃子)【2】自然環境部門賞・菜の花をゆく(堀早苗)/鶴見川の夕陽(湯川修)/紅葉公園(神藤貴之)/ホラ 見て!見て!(山際守)【3】カルチャー部門賞・横浜F・マリノスのホームゲーム(伊藤和馬)/夏越の大祓(金子久隆)/幻想の灯(湯川修)/調子掛け合い(神藤貴之)

 また入賞作品は、4月3日から13日まで港北区役所2階にて展示される予定。

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク