港北区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

(PR)

たとえ末期がんでも克服できる時代へ--「免疫治療」の最前線とは?

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 すい臓がん、肺がん、大腸がん、乳がんなどでの死亡数は年々増加し続けており、2013年のがん死亡数は1985年の約2倍に上る。一方で、見事に乗り越えてカムバックを果たした人も多い。現在再生医療でもっとも身近ながん免疫細胞治療は、血液中の免疫細胞から7日間でがんワクチンを作りだすというもの。神奈川県内で800人以上の免疫治療(2008年7月〜2016年12月)を行っていることで知られる『新横浜かとうクリニック』の加藤洋一院長に話を聞いた。

 ―近年の研究で、「がん免疫から逃げるシステム」が解明され、このシステムを正常化するがん治療が注目されていますが、免疫に対するチェックポイントを教えて下さい。

 このがんが免疫から逃げるシステムの中には3つのチェックポイントが存在します。そのポイントは、がんの種類や病状によって個人差が大きく、個々に調べてから治療計画を立てる必要があります。また、ポイントを見越して先回りする治療を行えば、たとえ「ステージ4」まで進行した末期のがんであっても治療効果は期待できます。

 1つ目のチェックポイントは、1〜2期の初期のがんを発症している場合、手術で病巣を切除したときに「免疫の空白地帯」ができます。この空白地帯に「樹状細胞ワクチン」を投与すると免疫ができ、潜んでいるがん細胞を発見、また攻撃して再発を抑止します。

 2つ目は、ステージ3〜4の進行期。肝臓や肺に転移するがんでは「がんが炎症」を起こして免疫細胞を弱らせます。このときに大量の「活性化リンパ球」を投与して、一気にがん細胞の周囲にいわば人海戦術で免疫細胞を送り込むことによりがんを弱らせます。

 そして3つ目は、再発や転移による末期がんです。がん細胞は「PD―1」という免疫細胞の機能を抑制する物質を有しています。この物質の活動を阻害する「抗PD―1抗体」を投与することで、末期がんにも効果が認められています。それぞれの時期で治療のポイントを見極めれば、がんに強力に対抗できます。免疫治療の最前線はここまで進んでいるのです。

 ―これらの療法を、従来の3大治療と呼ばれる「手術」「放射線」「抗がん剤」と組み合わせながら、患者一人ひとりの進行ステージや部位、数などによってオーダーメイドの治療にあたっているとお聞きしましたが?

 これら複数の治療法を併用することで、患ってしまったがんの治療はもちろん、未来のがんの再発防止に努めています。

 また、当クリニックでは免疫細胞の調整・培養専用室・CPCを完備しています。免疫療法では治療に必要となる細胞を患者自身の血液から採取、培養しますが、多くのクリニックでは外部に委託せざるを得ないのが実情であると思います。最適と判断した治療法を即座に実行するための専用設備がクリニック内にあるということは大きな利点と考えます。

 がんが進行するメカニズムの解明は、同時に「どのタイミングで、何をターゲットに、どんな治療を行うのか」の特定でもあります。たとえ末期がんであっても、うまくいけば進行期へ、そして初期へと段階を逆行させながら回復を目指せる、そんな時代なんですよ。

新横浜かとうクリニック

港北区新横浜2-6-13新横浜ステーションビル8F

TEL:045-478-6180

http://katoclinic.info/

港北区版のピックアップ(PR)最新6

歳末感謝セール

ファンストア

歳末感謝セール

五泉ニット3千円均一も

12月12日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

12月12日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月12日号

老後の不安を解消へ

弁護士・税理士・司法書士が無料相談会

老後の不安を解消へ

12月14日(土)港北公会堂で

12月5日号

個性光る、自慢のおうちを建てよう

かしわくらの「家づくりのおはなし」北欧デザインのおうち

個性光る、自慢のおうちを建てよう

12月15日10時〜 参加無料

12月5日号

「悩みや疑問、お聞かせください」

「悩みや疑問、お聞かせください」

インプラント相談会開催

12月5日号

プロが不動産の悩み解決

プロが不動産の悩み解決

12月17日 無料相談会

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク