港北区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

母子の新しい支え手に 看護師が支援サービス

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 長年大学病院の小児科・NICUで看護師としてキャリアを積んできた女性が、昨年港北区で産前・産後ケアステーション横浜OHANAを開設した。

 代表の金城奈津子さん=上写真=がその人。アメリカなどでは一般的な職業とされる「ナーシングドゥーラ®」による母子のサポートを行う。日本ではまだなじみのない職業だが、看護師有資格者による、豊富な臨床経験・知識に基づく、産前・産後の母子の継続的な心身サポートを行うという。「NICUでも経験したが、一旦退院してしまうとサポートが必要なのに、心身の不調から行政への申請も負担でサポートが受けられなくなる人も。母と子の新たな支え手になれば」と話す。

母子向けセミナー

 まずは、サービスを知ってもらい、必要な人に届くよう、母子に役立つミニセミナーを定期的に実施していく。昨年12月には、小机の古民家カフェで「子どもの発熱・嘔吐・下痢セミナー」を開催。子どもが発熱したとき、どんなタイミングで受診したらよいかなどわかりやすく解説。また感染性胃腸炎等で嘔吐した際、家族への感染を防ぐ処理法も実践。使い捨てのエプロンやゴム手袋、マスクを用意し、処理した後の消毒まで行った。「小さい子がいると外出せず情報がネットだけになりがち。直接専門家に話を聞けて安心した」とは参加者の一人、斉藤有希さん。

 次回は1月25日(土)午前10時〜「保育士さんと遊ぼう 自宅でできるお子さんとの遊び方」を企画。会場は都内東中野駅そばの保育園「リトルフェアリー」。申込は24日(金)午後5時迄に同園【電話】03・3371・5121へ。費用1500円。
 

港北区版のローカルニュース最新6

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月10日号

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ 文化

笑い、涙ありのトーク会

6月10日号

防火ポスター作品募集

港北消防署

防火ポスター作品募集 教育

対象は小学生以下

6月10日号

初夏のせせらぎ緑道を辿る

初夏のせせらぎ緑道を辿る 社会

7月3日、ガイドツアー

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter