港北区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

(PR)

「栄養摂取し、免疫力ある健康体に」 しっかり噛んで、美味しく食べられる口腔内環境を

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
「気軽にご相談を」と須田理事長
「気軽にご相談を」と須田理事長

 「すだ歯科医院(綱島西)」や「アークデンタルクリニック新横浜(新横浜)」を運営(ほか青葉区に1院)する翔栄会(須田孝則理事長)は、長年、地域に根差した歯科医療を提供してきた。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの人が不安を抱える日々。持病のある人や高齢者は特に重篤化する可能性が指摘されている現状に、須田理事長は「感染症に立ち向かうためには、普段からしっかり栄養を摂り、免疫力を高めて健康な身体をつくることが大切」と話す。「そのためにはしっかり噛めて、何でも美味しく食べられる歯にしておくことが重要」と続けた。

 例えば、歯を失った場合──。歯の欠損部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せるインプラント治療は、「自身の歯のように噛める」として普及している。入れ歯を使用したインプラント義歯は少数のインプラントで入れ歯を固定。さらに、入れ歯を使用中でも歯の根が残っている場合は、その根にホックのようなものを取り付け、入れ歯を安定させる方法もある。

目立たない矯正治療も

 大人の症例が増えているのがマウスピース型の矯正、インビザライン。「目立つ装置には抵抗が」という人を中心に導入が進む。

医療法人社団 翔栄会

TEL:0120-4182-99

http://www.arc-shinyokohama.com http://www.sudashika.com

妙蓮寺

「永代供養墓」好評です。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のピックアップ(PR)最新6

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

軽度知的・発達障がい者を支援

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

横浜健育高等学院で高卒資格取得のその先へ

5月21日号

暖かさで庭の害虫も活発化

暖かさで庭の害虫も活発化

薬剤散布で早めの対策を

5月21日号

弁護士らによる無料相談会

5月30日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 アピタテラス横浜綱島

5月21日号

新院長に遠田氏が就任

新横浜スパインクリニック

新院長に遠田氏が就任

「首、腰の手術に全力」

5月21日号

「栄養摂取し、免疫力ある健康体に」

「栄養摂取し、免疫力ある健康体に」

しっかり噛んで、美味しく食べられる口腔内環境を

5月14日号

あらゆるシワに若返りの注入治療

「老け顔・疲れ顔にアプローチ」―症例5万4千件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

あらゆるシワに若返りの注入治療

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク