港北区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

港北区 SNSで地域活性化を 民間とアプリ運用連携

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
ピアッザの港北区エリアトップ画面
ピアッザの港北区エリアトップ画面

 港北区は、地域SNSアプリ「ピアッザ」を展開するPIAZZA株式会社と8日、連携協定を結んだ。同アプリは、国内で人口流入の高いエリアを中心に展開しているサービス。区は新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に、非接触型のコミュニケーションで、地域コミュニティの活性化を目指す。同社のサービスとの連携は、1日に連携協定を結んだ港南区に続いて、市内18区中2区目。

 同社が2015年から展開する「街の広場アプリ ピアッザ」は、あらかじめ限定されたエリアの地域情報を、登録したユーザー同士で安心・安全に交換しあうことを目的とした情報交換SNSアプリ。今回の協定で、アプリの中に港北区エリアのページが作られ、登録者はその中で様々な情報交換ができる仕組み。例えば、身近なイベントや子育て情報、おいしいランチ情報、不用品情報などを各カテゴリーの中でやりとりすることができる。また、区の関連施設(コミュニティハウス・地区センター・スポーツセンター等)の再開情報など港北区からのお知らせも随時配信される。

 その他、地域スポーツとの連携も目指し、サッカーJ1リーグの横浜F・マリノスおよび、先ごろ発足したプロアイスホッケーチーム、横浜GRITS(グリッツ)(本拠地/新横浜)のファンコミュニティページも実装されており、ファン同士の情報交換も行うことができる。現在国内30エリアで展開し、25エリアで行政と連携している。

災害助け合いも

 4月からはアプリ内に「災害助け合い」の機能が追加された。PIAZZA(株)の矢野晃平代表取締役は「コロナ禍を背景に、WEB上の災害掲示版を設定した。例えば、今であればマスクを売っている店や消毒薬を譲りますなど、地域で助け合うような情報を交換してもらえれば」と話す。

転入世帯の一助に

 区政推進課では「今年のコロナ禍において、直接会えない状況が続く中、地域コミュニティの衰退を防ぎ、非対面での地域活性化のため、アプリの導入を決めた」という。特に今年度港北区に転入してきた世帯などは「ゴミの捨て方ひとつにしても、近隣の人に聞きづらい状況があるのでは」と想定する。

 なお昨今大きな社会問題となったSNS上での誹謗・中傷対策としては、アップされた情報をPIAZZA(株)側がガイドラインに沿って管理することでユーザーの自治に任せながらも安全に運用していくという。

協定を結んだ栗田るみ港北区長(右)とPIAZZA(株)矢野代表取締役
協定を結んだ栗田るみ港北区長(右)とPIAZZA(株)矢野代表取締役

港北区版のトップニュース最新6

新会長に篠原町の川島さん

港北区連合町内会

新会長に篠原町の川島さん 社会

新吉田東、関さんが副会長

7月2日号

今年はオンライン開催

ふれあいまつり

今年はオンライン開催 社会

団体・部活の発表の場も

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

オンラインで運動指導

慶應大学院と港北区

オンラインで運動指導 教育

小学生対象に週1回

6月25日号

SNSで地域活性化を

港北区

SNSで地域活性化を 社会

民間とアプリ運用連携

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク