港北区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

自宅に爆弾、三度命拾い 港北区在住 原田祥(さち)子(こ)さん(83)

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
笑顔の原田さんだが、取材中には涙ぐむ場面も
笑顔の原田さんだが、取材中には涙ぐむ場面も

 港北区篠原東に住む原田祥子さん(83)は1945年、出身地の福岡県大牟田市で8歳の時に戦火に巻き込まれ「三度の命拾いをした」という。

 一度目の命拾いは、自宅に爆弾が落下したとき。空襲警報や予告が一切なく、突然着弾したという。「爆弾は居間から離れた炊事場の井戸に落ちたので、なんとか家族全員助かった。大人が必死で消火にあたり、私はまだ幼かった妹を抱っこして、姉と防空壕で震えていた」と回想する。

母の英断で九死に一生

 防空壕で二度目の命拾いを経験した。避難したのは50メートルほどの細長い防空壕で、原田さん一家は南側の端に待機していた。すし詰め状態の防空壕にやっとの思いで入ったが、母が「東側に移動する」と言う。姉と不満を言うも母の剣幕に気圧され、一旦地上へ。「走りなさい!」という母の声を背中に東側の入口まで必死で走り、防空壕に滑り込んだ直後、南側の入口に爆弾が直撃。南側半分が壊滅した。「話すと今でも膝が震える」と原田さん。「母は、地形的に南側から敵襲が来ると直感したのではないか」と推測する。

 三度目の命拾いは、疎開先で起こった。親戚宅で蚕の世話をしていた原田さんは、餌用の葉を摘みに桑畑に出かけた。仕事を終え立ち上がると、一帯に偵察機のエンジン音が響いた。原田さんは集めた桑の葉をとっさに被り、身を屈めて息を殺していたという。「あの嫌な音が今でも耳にこびりついている」。帰宅後、母に桑畑でのことを話すと、よく無事でいてくれたと抱きしめられ、家族で号泣した。

 原田さんは最後、戦後75年経った今でも世界で紛争が続くことに触れつつ「今後、何があっても戦争は絶対にいけない」と語った。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

ラポール寄席を開催

ラポール寄席を開催 文化

新横浜LC(ライオンズクラブ)

10月28日号

はじめての韓国語

はじめての韓国語 教育

岸根高校で公開講座

10月28日号

1年目から活躍誓う

1年目から活躍誓う スポーツ

ドラフト、慶応大から2人指名

10月28日号

横浜市港北区から川崎市高津区・宮前区の区境までを巡る

【Web限定記事】参加者募集

横浜市港北区から川崎市高津区・宮前区の区境までを巡る 社会

11月17日、ガイドツアー

10月28日号

キャンドルナイト〜あかりを灯そう、心にも

【Web限定記事】城郷地区

キャンドルナイト〜あかりを灯そう、心にも 社会

作品「牛乳パックの家」募集中 11月10日まで

10月28日号

女性特有のがんと検診〜私らしく輝く毎日を〜

【Web限定記事】ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診〜私らしく輝く毎日を〜 社会

港北区在住の脚本・演出家、鹽野(しおの)佐和子さんにインタビュー

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook