港北区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】錦が丘在住・小木田さん 俳句歴30年分の思いを一冊に 「分かりやすく余韻残る」350点収録

文化

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
著書を手に笑顔の小木田さん
著書を手に笑顔の小木田さん

 区内在住で、俳句団体の代表も務める小木田久富さん(77)が、俳句人生約30年の中から選りすぐりの作品を収録した『句集 偶詠』(鋭文社)を昨年12月に上梓した。

 同書はB5判197ページ。約30年で詠んだ1万点の作品の中から、俳句雑誌や新聞、同人誌に掲載されたもののほか、第3者に選定された句など約350点を収録した。誰にでもわかりやすく、かつ読んだ人の心に余韻が残る俳句という意味の「平明にして余韻のある句」を掲げてきた小木田さん。自身の喜寿を祝うとともに、俳句歴も約30年を迎えることから「今までの作品を一冊にまとめたい」との思いで制作したという。「俳句は読み手(読者)と詠み手(作者)のキャッチボール。読み手が受け取りやすく、詠み手の心が伝わりやすい表現を心がけてきた」と小木田さんは話す。

 小木田さんは小学生時代の担任の影響から元々短歌を詠んでいたが、国際啄木学会の会員だった知人から俳句を勧められたことを機に5・7・5の世界へ。もう一つのきっかけは、当時15歳だった息子の死。「どこかに思いを吐き出さないとやり切れなくて。俳句に思いをしたためた」。中でも思い入れの深い句は、「流星や天界の子のすべり台」。約2年の闘病生活の末、中学生で天寿を全うした息子を思い、子どもの魂が流れ星に乗って滑っていく様子を思い浮かべた。

 この他、「アリーナに晴れ着が集ふ成人祭」など、港北区内の場所が登場する句もある。

 自費出版のため店頭販売はしていないが、50冊ほど在庫があり「ご希望の方にはお譲りします」と小木田さん。希望者はメール(件名を「句集 偶詠希望」とする)、または電話で問い合わせを。

 小木田さんは「『嶺』俳句会」の代表を務めており、ともに句を楽しむ仲間を募集中。「コロナ対策のため、現在は定期的に郵便などを通じて通信句会を行っています。ぜひご参加ください」と呼びかける。

 (問)小木田さん[メール]ogita@fc.netyou.jp[電話]045・433・5553

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

火の用心呼びかけ

港北消防署

火の用心呼びかけ 社会

3月1日から火災予防運動

2月25日号

ウクレレ往診で心つなぐ

小机の小児医院

ウクレレ往診で心つなぐ 社会

障がい児医療に音楽活用

2月25日号

ひっとプラン港北、素案公表

ひっとプラン港北、素案公表 社会

3月31日まで、意見募集

2月25日号

案内役は児童

案内役は児童 教育

師岡小6年が写真展

2月25日号

教室が鶴見川や森に

教室が鶴見川や森に 教育

金港幼稚園で作品展

2月25日号

現職2人が立候補に向け準備

現職2人が立候補に向け準備 政治

衆院選・神奈川7区

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク