港北区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

区内在住村田さん 父子鷹、目指すはF1 市スポーツ協会と連携

スポーツ

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
村田悠磨さん(左)と父・竜一さん
村田悠磨さん(左)と父・竜一さん

 横浜から世界へ――。港北区在住のジュニアカートドライバーの村田悠磨さん(15)は横浜出身初のF1ドライバーを目指し活動している。父・竜一さんとのコンビで、4月からは成人のプロも参戦するレースに出場。年初には、横浜市スポーツ協会からの支援も始まり、夢舞台への第一歩を踏み出した。

出合いは小1

 カートとの出合いは、小学1年生の頃。車好きだった竜一さんの影響で秦野のサーキット場に行くと、「最初はスピードに怖さもあったが、次第に仲間と競うのが楽しくなった」と没頭していった。約1年後には、周囲の誘いでレースに出場。いきなり優勝を果たすなど、当時から才能の片鱗を覗かせていた。その後も、カテゴリーを上げながら鈴鹿をはじめ全国各地を転戦。「練習量は誰にも負けない」と磨いたブレーキングを強みに、国内トップクラスのドライバーに成長した。

 運転技術はもちろん、結果を左右する重要な要素がマシンのセッティング。メカニックとしてそれをサポートするのが竜一さんの役割だ。路面やコースに合わせた空気圧やギアのセットが求められ、プロが務めるケースがほとんど。そんな周囲に負けないように竜一さんも日々マシンの勉強を続けている。しかし、レース中は「勝てなくてもいい。とにかく無事に帰ってきて」との思いも。「本当はメカニックに専念しなきゃいけないけど、やっぱり半分は父親になってしまうね」と竜一さん。憧れは、F1ドライバーのルイス・ハミルトン選手。試合には常に父が帯同する世界的スターの姿に重ね、「親子で世界に挑戦できる日を夢見ている」。

横浜から世界へ

 順調に成績を上げる一方で、大きくなる大会の規模に、一家庭だけではサポートしきれない面も出てきた。そこで、横浜市スポーツ協会に支援を打診。補助金の条件は満たせなかったというが、竜一さんからの熱い手紙にほだされた同協会スポーツ事業部の秋田浩平課長が「何か手伝えることはないか」と奔走し、今回の連携につながった。これにより、同協会は【1】活動報告等の広報支援【2】フィジカルトレーニングへの技術協力――を提供する。また、レースで着用するスーツに同協会のロゴが入ることも決まった。「生まれも育ちも横浜。地元を背負って戦えるのは嬉しい」と悠磨さん。秋田課長も「大きな可能性を持った若者の挑戦にワクワクしている」と笑顔を見せる。

憧れの背中を追って

 今後は4月からのツアーで、フォーミュラーへの出場権獲得を目指す。その先に見据えるのが夢のF1。目標の選手は、今季からF1に参戦する、同じ神奈川県出身の角田裕毅選手。実は過去に一度、チーム戦の耐久レースで対戦した経験があり、悠磨さんのチームが勝利したという。「世界で戦う姿は勇気をもらえた。もう一度同じ舞台に立てるように、頑張りたい」と悠磨さん。もちろん、その時隣にいるのは竜一さん。「今はたくさん助けてもらっているが、成長して自分がお父さんをF1に連れて行きたい」とアクセル全開で夢に挑戦する。
 

港北区版のトップニュース最新6

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

安否確認システム導入

太尾宮前町会

安否確認システム導入 社会

防災訓練で定着へ

4月15日号

IT技術で省エネ社会を

環境活動賞

IT技術で省エネ社会を 社会

区内企業が実践賞に

4月15日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 教育

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter