港北区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

東京ガス横浜北 備えの体験施設を開設 エマージェンシーハウス

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
セレモニーでテープカット
セレモニーでテープカット

 新型コロナの影響もあり、自然災害があっても避難所に行かず自宅で生活を続ける「在宅避難」が注目される中、都筑区茅ケ崎中央の東京ガスライフバル横浜北の社屋に「エマージェンシーハウス」が開設され、20日に開所式があった。在宅避難のノウハウを展示し、「7日間」過ごせる備えを啓発している。

 「実物を見ていただくことで皆さんに実感が伝わると思う。子どもたちには問いかけて見せる工夫ができた。こうした施設は今まであまりなかったのではないか」と話すのは東京ガス横浜中央エネルギー株式会社の原文比古社長。

 同社が開設したエマージェンシーハウスは非常時の備えを具現化するのを目的に、ショールームの一画に約70平米の展示ブースを整備した。「7日間」をキーワードに壁一面、災害時に自宅で生活するのに必要なものを実物として展示。例えば家族で必要な7日分の飲料水をペットボトルで並べたり、賞味期限が近づいた食料品から使うローリングストックに便利なアイテムを展示したりと、非常時の生活に便利な備えを紹介している。

 また実際の家庭を模したした部屋も整備。災害時に強い家電や便利な生活用品のほか、家庭用燃料電池「エネファーム」を設置し、来場者が触れて体験できるように工夫している。

 この日の開所式には同社の関係者のほか、開設に携わった関連企業の関係者ら約20人が出席。新たな情報発信の場の誕生を祝った。

 あいさつに立った同社の小室元次会長は「施設をオープンにして地域の多くの人に見てもらえるよう今後も地域に役立つ取り組みを進めたい」と話した。

 今後は周辺区の小中学校の見学を受け入れるほか、ショールームの一般見学者も利用できるようにするという。

 施設に関する問い合わせは同支社(【電話】045・943・8880)へ。

同社スタッフによる解説も
同社スタッフによる解説も

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 社会

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

日産スタジアムでヨガ

【Web限定記事】

日産スタジアムでヨガ スポーツ

5月23日10時半〜 申し込みはHPエントリーフォームから

5月13日号

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増

【Web限定記事】

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増 社会

 5月6日発表

5月13日号

「ジェンダー平等は社会の問題」

「ジェンダー平等は社会の問題」 社会

男女共同参画センター横浜北 白藤館長に聞く(下)

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「妙蓮寺本の市」を開催

「妙蓮寺本の市」を開催

5月15日、古民家HUGで

5月15日~5月15日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter