港北区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

第一生命 電子ピアノを社協に寄贈 新横浜自治会館で活用

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
同社社員(前列左から1、2、6番目)と民生委員・児童委員ら
同社社員(前列左から1、2、6番目)と民生委員・児童委員ら

 第一生命保険株式会社の新横浜支社が港北区社会福祉協議会に電子ピアノを寄贈し、4月20日に地域の情報交換も兼ねた贈呈式が行われた。ピアノは新横浜地区民生委員児童委員協議会が受け取り、新横浜自治会館で活用される予定だ。

 式典は同会館で行われ、社協職員同席のもと、同社新横浜支社で次席支社長の知念強さんら3人と民生委員・児童委員のメンバーらが出席。同社では社員の健康増進等を目的に歩数計測機能を備えたアプリで社員が歩いた歩数をお金に代えて社会貢献活動に活用する取組みを行っており、電子ピアノの費用はこの資金を活用。1万歩ごとに1円に換算される仕組みで、ピアノ購入に充てられた費用は社員が約3億4千万歩を歩いた計算になる。

 知念さんは「新横浜支社約300人の社員が半年間で歩いて得た資金を地域に役立ててもらいたいと相談した。喜んでもらえて嬉しい」とあいさつ。同協議会会長の新福まさ子さんは「皆大喜びでありがたい限り。ピアノを弾けるメンバーもいるので、活用させてもらいたい」と感謝を伝えた。今後、同会館での行事のほか、子育て支援の場などでピアノを使用していくという。
 

港北区版のローカルニュース最新6

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月10日号

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ 文化

笑い、涙ありのトーク会

6月10日号

防火ポスター作品募集

港北消防署

防火ポスター作品募集 教育

対象は小学生以下

6月10日号

初夏のせせらぎ緑道を辿る

初夏のせせらぎ緑道を辿る 社会

7月3日、ガイドツアー

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter