港北区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

横浜北RC(ロータリークラブ)が寄付 子ども食堂の活動に

コミュニティ社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena
南竹会長(右)と齋藤代表=提供写真
南竹会長(右)と齋藤代表=提供写真

 横浜北ロータリークラブ(南竹要会長)は5月11日に新横浜グレイスホテルで開かれた同RC(ロータリークラブ)の例会で、「みんなの安心基地 ひかりのこ食堂」(齋藤洋子代表)に対し10万円を寄付した。同RCが所属する横浜・川崎エリアの国際ロータリー第2590地区では、子ども食堂の支援に取り組んでおり、今回の寄付はその一環。

 活動は、齋藤さんが今年4月に子ども食堂として始めたもので、新吉田連合町内会南町会会館で毎週金曜日の午後6時から、幼児から高齢者までを対象に食事を提供している。子どもは無料。

 「寄付によって活動の勇気をいただいた。ご厚意に感謝します」と齋藤代表。南竹会長は「一緒に食べる家族がいない『孤食』等の社会問題に立ち向かい、受け皿として活動される姿勢に共感します」と話している。
 

港北区版のローカルニュース最新6

児童がクラブを動かす?

横浜FM

児童がクラブを動かす? 社会

城郷小で出前授業

7月22日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月22日号

フェイスシールド寄贈

国際ロータリー第2590地区

フェイスシールド寄贈 社会

横浜・川崎の医師会に

7月22日号

今年もオンラインで開催

慶大と港北区

今年もオンラインで開催 社会

ラジオ体操 8月2日から

7月22日号

ブラジルの自然を満喫

ブラジルの自然を満喫 文化

8月28日、オンラインツアー

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter