港北区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

電話リレー、7月開始へ 区内NPOも啓発尽力

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
NPO法人インフォメーションギャップバスター理事長の伊藤さん
NPO法人インフォメーションギャップバスター理事長の伊藤さん

 聴覚障害や発話に困難がある人と、健聴者との電話を通訳オペレーターがつなぐ「電話リレーサービス」が7月から開始される。公的サービスとして総務省が整備し初めて実施されるもの。同サービスの啓発活動を続けてきた樽町のNPO法人インフォメーションギャップバスター(以下、IGB)理事長の伊藤芳浩さんに背景や今後の課題を聞いた。

 電話リレーサービスとは、聴覚障害などがある人が電話をかける際、パソコンやスマートフォンを通じて手話やチャットをオペレーターが通訳し、コミュニケーションを取ることができるサービス。これまで民間レベルでのサービスはあったものの、24時間対応ではないために救急車や警察を呼ぶ際の緊急時に速やかな要請ができない等の課題があった。7月からは(一財)日本財団電話リレーサービスがサービス提供機関となり、365日24時間、日常的な発信から緊急通報まで利用できるようになる。

4年前に署名提出

 総務省によると、以前からこうしたサービスへの要望はあったというが、議論を加速させる要因の一つとなったのが、IGBによる署名活動だ。IGBは、社会にあるコミュニケーションの障壁を解消することを目的に、自身も生まれつき聴覚障害のある伊藤さんら有志が2010年に設立。14年から同サービスの啓発活動と署名活動を実施し、17年に「24時間365日対応の公的サービス化」を求めて、総務省に8096筆の署名を提出した。

 背景には、伊藤さん自身が電話を掛ける際、毎回友人らに頼まなければならず、人間関係が壊れてしまった体験がある。「公のサービスがあれば」。そんな思いを募らせていた頃、民間企業の代理電話サービスや日本財団のモデルプロジェクトが開始され、改めて必要性を実感。署名活動やロビー活動、企業と市民、当事者向けの講演やセミナーを開いてきた。

 「当事者やこれまで代理で電話をかけていた家族からの賛同の声や協力も励みになった」と振り返る。

 20年には公的サービスとして制度化した法律が成立。7月からの開始を前に、伊藤さんは「電話が誕生してから150年もの年月が経ち、ようやく電話できない不便さや制限が解消される。社会参加が促進され、QOL向上も期待でき大変嬉しい」と喜ぶ。

今後の普及がカギ

 一方、これまでもクレジットカードの紛失時に電話が本人でないために利用停止手続きを断られたケース等があったことから、金融機関などとの本人確認に課題が残るという。また、サービスが認知されていないことで、かけた先の人に怪しまれたり、詳しい説明を求められてスムーズに会話できないことも想定される。

 「オペレーターを介しての通話なので、多少のタイムラグがあるかもしれないが、かかってきても慌てず普通に対応してほしい」という。

 同サービスの利用には登録が必要。現在、アプリでの登録を受け付けており、今後郵送でも登録可能になる予定。システム改修も行われ22日には、登録方法が簡略化された。また、利用者が登録後に付与される電話番号を用いれば、健聴者から利用者に発信することも可能だ。

 詳細は(一財)日本財団電話リレーサービスWebページ(【URL】https://nftrs.or.jp/)を参照。
 

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook