港北区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

ハマカンゾウで緑化へ 講座で学び種から育てる

コミュニティ文化

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
これまでの取組みを語る岸氏
これまでの取組みを語る岸氏

 日本の野草であるハマカンゾウを育て、まちや鶴見川河川敷に広げ緑化を推進しようと、よこはま緑の推進団体港北区連絡会(中村文太郎会長)は10月9日、慶應義塾大学名誉教授の岸由二氏によるハマカンゾウの講座を実施した。

 NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの代表理事を務める岸氏は、綱島で自生するヤブカンゾウを見つけ、これまで鶴見川河川敷などでヤブカンゾウやハマカンゾウ、ノカンゾウを増やす活動を行ってきた。

 一方、同連絡会や綱島西地区の緑化活動「花と緑で人をつなぐ『つなしま』〜つなつなプロジェクト」もこの取組みに賛同し、地域でハマカンゾウを育て緑化を図ろうと、連携することに。

 当日は区内各地で緑化を推進する「港北リーダー会」のメンバーが参加。岸氏がハマカンゾウなどの歴史や、これまでの活動について語り、育て方を解説した。

 参加者は配られた種を自宅で育て、増えたら鶴見川河川敷に移植していくという。港北リーダー会の真島淳子会長は「綱島にもあった植物を増やし、雑草対策にもつながれば」と語った。

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook