港北区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

区内の浜なしでワイン 規格外活用し、商品化

経済

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
協力した4農家と高橋取締役(右上)
協力した4農家と高橋取締役(右上)

 港北区産の浜なしを100%使ったスパークリングワインがこのほど完成した。味は問題ないが、規格外で出荷できない浜なしを活用したもので、企画・販売するテンブレイン(株)=青葉区=の高橋栄治郎取締役は「農家支援とともに新しい横浜ブランド商品として認知度を上げていけたら」と話している。

 ワインの名称は「浜なし Sparkling Wine 2021 こうほく」。甘口と辛口の2種類で、さっぱりとした甘みが感じられる味に仕上がったという。

 元々、横浜のブランド果実である浜なしのファンだった高橋取締役が「ワインの原材料に使ったらおいしいのでは」と思い立ったのがきっかけ。昨年に農家を営む田中勝哉さんの協力を得ながら試作する過程で、規格外で廃棄せざるを得ない浜なしが大量にあることを知り、農家の収益にもなればと原材料に使用することを思いついたという。

 今年は田中さんら4農家から果肉が柔らかく、食感が変わってしまった規格外の浜なし「豊水」を320kg分買い取り、長野県の醸造所で生産。フルボトル換算で240本分が11月末に完成した。

 協力した農家の1人は年によっては3割近くが廃棄となる現状を説明した上で「甘味は全く問題なく、一生懸命育てた浜なしを捨ててしまうのは忍びなかった。農家としても廃棄の手間が減り、収入となるのはありがたい」と歓迎の様子。高橋取締役は「浜なしのブランド価値を高める商品として、今後はさらに市内の農家やJA横浜に協力を依頼し、取扱高を増やしていけたら。将来的には市内のお祝い事に使われるくらい認知度を高めたい」と夢を語った。

 今年生産分の一般販売はなし。地元食材にこだわりを持つ飲食店向けに少量在庫あり。同社 hamanashiwine@gmail.com

甘口・辛口の2種類
甘口・辛口の2種類

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

「たるちゃん文庫」開設

樽町地域ケアプラザ

「たるちゃん文庫」開設 文化

本で地域の輪をつなぐ

5月26日号

見える化で事故ゼロへ

見える化で事故ゼロへ 社会

区内企業が日本郵便と連携

5月26日号

"輝く女性"の日本一に

下田町在住藤江さん

"輝く女性"の日本一に 文化

美を競うコンテストで3冠

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook