神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

日吉台西中演劇部 創作脚本で全国の舞台へ 先輩の思いつなぐ

教育

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
関東大会で金賞を受賞した演劇部のメンバー=提供写真
関東大会で金賞を受賞した演劇部のメンバー=提供写真

 日吉台西中学校演劇部は、3月に神奈川県立青少年センターで開催された「第13回関東中学校演劇発表会・2024関東中学校演劇コンクール」で金賞と優秀創作作品賞を受賞し、全国大会参加校に推薦された。地区大会から共に演じてきた最終学年が卒業し、新体制で全国に挑む。

 披露した作品は『走渡鳥』。生徒による創作脚本が同部の伝統になっている。今回披露した脚本を作成した川村俐実さん(現・高1)は、ロックバンド[Alexandros]の『ワタリドリ』から着想を得た。主人公は中学2年生の優れた陸上部員。怪我などをして、好きなことについての悩みを乗り越える、等身大の劇。同世代の中学生や、かつて中学生だった大人が見ても共感できるような作品になっている。川村さんは、「みんなの『いい作品を』という思いで作り上げていくことができた」と清々しい表情で話した。

 全国大会参加校は、関東大会から数日後にHPで発表された。その間、毎日のようにサイトを確認していたという部員たち。参加を知った瞬間は、驚きのあまり言葉が出なかった部員も。関東大会当時の部長を務めた伊藤由真さん(同)は、「(地区大会から同じ作品を披露し)大会を重ねるごとに成長し、関東大会での演劇が今までで一番良かった」と振り返った。顧問の磯山るみ教諭は「受験やテスト期間と被りながらも本人たちの努力が実った」とした。先輩たちの「全員が本気で取り組む団結力」を見てきた新部長の桑田璃子さん。「引っ張っていく立場になり緊張するが、部内の連携を強化していきパワーアップした劇を披露したい」と意気込みを語った。

 次の舞台である「第24回全国中学校総合文化祭山口大会」は、8月に開催される。

港北区版のローカルニュース最新6

海と書の作品展

海と書の作品展

鑑賞と体験で楽しませる

7月20日

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

区民響の親子コンサート

区民響の親子コンサート

8月25日、港北公会堂

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

防犯情報追加しリリース

横浜市

防犯情報追加しリリース

こども・安全安心マップ

7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook