都筑区版 掲載号:2017年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

中大横浜中・高バトン部 「姉妹」揃って初の全国へ 創部32年で念願の快挙

スポーツ

「ブルースカイ」がテーマの中学生
「ブルースカイ」がテーマの中学生
 中央大学附属横浜中学校・高等学校(袴田兆彦校長)=牛久保東=バトン部が12月9日(土)、幕張メッセで行われる全国大会に出場する。同校の前身となる学校から数え、創部32年になる歴史の中で「姉妹出場」は初めて。

 バトントワーリングは両端にゴム製の重りをつけた約66〜71cmのバトンを回し、空中に投げたりしながら、音楽にのせて表現する演技。バレエやダンスの要素も含まれ、4人以上の選手のバトン操作や一体感、表現力などが審査対象だ。

 先月14日に千葉ポートアリーナで開催された第52回バトントワーリング関東大会(バトン編成)には中学18校、高校39校がエントリー。

 中学の部は、100点満点中80点以上が金賞の対象となり、今年は9校が受賞。同校は5位で、上位7位までの学校が手にする全国切符を掴んだ。

 高校の部では上位15校までが金賞の対象で、11位の同校含む14位までの学校が全国大会へ駒を進めた。

 昨年は中・高共に銀賞に終わり、涙をのんだ同部。13年間、同部の顧問を務める小松和代教諭は「練習でも揃わなかったことができていた。みんな今まで演技してきた中で1番一体感が生まれていた」と関東での様子を振り返る。

感動与える演技を

 普段の練習は柔軟や体幹トレーニング、個人技、全体での合同練習などのメニューを中・高一緒に週4回、各2時間こなす。

 赤澤穂乃佳部長(中3)は「部員同士は仲が良く、何でも言い合える存在。お互いに指導し合うことで、1人ひとりが責任をもって技に取り組んでいる」と部の雰囲気を話す。

 顧問は小松教諭、川邊愛教諭、高橋美香教諭、外部コーチに田澤幸枝氏を招き4人で指導を行う。同校の体育館は他の部活と共同で使用しているため、夏休みや休日は緑区や神奈川区などのスポーツセンターへ出向くこともあるという。

 期末テストの翌日に行われる全国大会。小松教諭は「部活と勉強の二兎追わなければならない。初舞台は雰囲気にのまれず踊り切ってほしい」とエールを送る。

 全国には中学14校、高校44校が出場。本番では、バトンを落とさないように注意を払い、納得のいく演技をすることが目標だという。

 深瀬音々部長(高2)は「結果にとらわれず、これまで支えてくれたたくさんの方々へ感謝の気持ちを込め、感動を与えられる演技をしたい」と意気込む。

「青い薔薇」がテーマの高校生
「青い薔薇」がテーマの高校生
部員を見守る小松教諭
部員を見守る小松教諭

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク