都筑区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

「えだきん」で初の節分企画 大日本 青木選手が鬼役

文化

鬼たいじのチラシを手に持つ宮原副会長
鬼たいじのチラシを手に持つ宮原副会長
 荏田南のえだきん商店会(真庭明弘会長)は商店街内の郵便局前広場で2月3日(土)、「えだきん節分 鬼たいじ」を初開催する。

 昨年8月頃、同商店会の宮原勇貴副会長が節分企画を考案し、池辺町を拠点に活動する大日本プロレスに協力を依頼した。大日本サイドも快諾し、中川中出身の青木優也選手が青鬼に扮し、イベントを開催することが決定した。

 青木選手は「子どもが大好きなので、自分の地元で地域の子たちと触れ合えるのは大変嬉しい。私と一緒に外で体を動かし、いっぱい遊ぼう」と参加を呼び掛けている。

豆の変わりに「アメ」

 節分企画では豆の変わりに「アメ」を使用する。イベント後の掃除などを考慮し、袋に入ったアメで鬼を退治する企画にした。地域活性化のために思案する宮原副会長はこれまでにも朝市や商店街プロレスなどのイベントを中心的に立ち上げてきた。「この地域に住む子どもがこの商店街楽しいな〜と思う故郷になれば嬉しい。お菓子とアメをプレセントするので楽しんでほしい」と宮原副会長。

 雨天時はアスタカフェにて開催。参加費100円。イベントの参加受付は午後2時から。飲食の模擬店あり。節分企画の詳細、問い合わせは宮原副会長【電話】045・507・5717。

青木優也選手=17年撮影
青木優也選手=17年撮影

都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク