都筑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

早渕中3年松藤さん クライミングで県制覇 成人抑え、最年少で1位に

スポーツ

賞状と金メダルを持つ松藤さんとピナクルでの練習風景
賞状と金メダルを持つ松藤さんとピナクルでの練習風景
 市立早渕中学校の松藤藍夢(あのん)さん(3年)が、先月秦野市で開催された県大会「第24回クライミングコンペ・オール神奈川2018」のエキスパート女子(中3〜成人)で優勝した。

 東京五輪で追加種目に決定したスポーツクライミング。大会では制限時間6分の間に安全用のロープをつけて、15mの人工壁に高さ順に点在するホールド(突起物)に手足をかけ、どの地点まで登れたかを競う「リード」が行われた。今回、8人の選手が参加。松藤さんは42手中、40手のホールドを登り、ライバルであり親友でもあるという昨年の優勝者、阿部桃子さん(高1)を4手上回り、最年少で1位に輝いた。「落ち着いて大会に臨めた。やっと桃ちゃんに勝ててうれしい」と喜ぶ。

 松藤さんがクライミングを始めたのは、小学4年の時。母・恵さんとノースポート・モールへ買い物に訪れた際、施設内のピナクルロックジム横浜店(水谷知彦店長)の壁を見て「やってみたい」と初挑戦。「ゴールした瞬間の達成感が堪らなかった」と、競技に魅了された。

 同ジムには年齢の近い阿部さんも通っており、一緒に練習しながら実力をつけていった。水谷店長は「2人は登ることを楽しんでいる。今までたくさんの子どもを見てきたが、こんなに練習量の多い子たちは見たことがない」と感心する。

 松藤さんは現在、週5日、一回約5時間の練習に励む。鍛錬した右手の握力は42kgあるという。体をぶれないようにするためバランスボールやゴムチューブを使った体幹トレーニングも欠かさず、練習がない日でも動画を見て、イメージトレーニングをする努力家だ。

 13日(日)には鶴見区で開催される「第4回ボルダリング神奈川カップ」を控える松藤さん。大会に向け「けがに気をつけて優勝し、秋の国体出場を目指したい」と目の前の壁に立ち向かう。

都筑区版のトップニュース最新6件

悲願の全国 夢の舞台へ

全日本中学陸上競技大会

悲願の全国 夢の舞台へ

8月16日号

競泳で初の世界大会へ

中川西中澤野さん

競泳で初の世界大会へ

8月16日号

過去最多を上回るペース

熱中症救急搬送

過去最多を上回るペース

8月9日号

豪雨被災地で復興支援

荏田南在住内野さん

豪雨被災地で復興支援

8月9日号

8月上旬から収穫予定

浜なし浜ぶどう

8月上旬から収穫予定

8月2日号

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

8月2日号

残暑お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク