都筑区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

ぴあアリーナ 4月25日開業 こけら落としは「ゆず」

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
みなとみらい大通り沿い、首都高「みなとみらい出口」横に建つアリーナ(完成イメージ)
みなとみらい大通り沿い、首都高「みなとみらい出口」横に建つアリーナ(完成イメージ)

 首都高みなとみらい出口横、38街区に建設中の音楽専用アリーナ「ぴあアリーナMM」の開業日が、2020年4月25日に決まり、地元横浜出身のアーティスト・ゆずがこけら落とし公演を務めることがわかった。建設するぴあ(株)=本社・東京都渋谷区=が8日、発表した。

 同アリーナは、民間企業の単独主導としては、国内初となる1万人規模の音楽アリーナ。長く音楽業界にかかわる同社らしく、「業界ニーズをくみ取りながら、観る側と演じる側の双方にとって、環境を最適化した新しいアリーナ」としている。

 施設は地下1階、地上4階で、収容客数は着席時1万200人、立見時1万2284人。建築施工費は総額約100億円。利用は音楽コンサート中心とするが、貸館はスポーツなどジャンルを限定していない。2階には一般利用可能なカフェを併設するなど、公演日以外にも地域から親しまれる施設を目ざすという。

 昨年10月には利用申し込みの受付を開始。6月14日には、予告用のWEBサイト(https://pia-arena-mm.jp/)もオープンしている。

誕生公演に「光栄」

 こけら落とし公演を務めるのは、地元横浜が生んだ「ゆず」の2人。20年3月〜6月の全国アリーナツアーの中で行われる。開業日4月25日と26日の2公演となる(チケット情報は後日発表)。

 ゆずの2人は、地元へのアリーナ誕生を喜びつつ、「僕ら”横浜人”にとって、みなとみらいは横浜の新たな顔としての象徴」とコメント。「思い入れのあるみなとみらいでのこけら落とし公演は、本当に光栄」とした。

 管理・運営を担う同社担当者は、「周辺の施設や横浜市などとも連携し、みなとみらい地区のさらなる活性化にも貢献したい」と話している。

令和の「七五三」は師岡熊野神社

衣裳展示ご予約会開催。ご祈祷~衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク、写真撮影まで

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

都筑区版のコラム最新6

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月15日号

帰宅困難者支援に「ガイド」

MM21街区NEWS

帰宅困難者支援に「ガイド」

災害時用の情報、毎年更新

8月8日号

MMキャンパスの新学部発表

MM21街区NEWS【10】

MMキャンパスの新学部発表

神奈川大が開業見据え

8月1日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第30回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

7月18日号

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

7月4日号

新しい街で港の歴史伝える

MM21街区NEWS

新しい街で港の歴史伝える

MM玄関口の博物館

6月20日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク