旭区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

聖マリ西部病院 震災に迅速対応 災害対策本部が中核果たす

24時間体制で大量の情報を集約・指示する災害対策本部(上)、被災地へ赴いた放射線技師の大内さん
24時間体制で大量の情報を集約・指示する災害対策本部(上)、被災地へ赴いた放射線技師の大内さん

 災害時、多くの生命を預かる地域中核病院はどのように対応、機能するのか―。518床を有する区内の聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(田口芳雄病院長)では東日本大震災を受け「災害対策本部」を即座に設置。災害時の中核機関として3月28日まで、病院運営の正常化を図った。



 災害対策本部を立ち上げたのは、11日の地震発生直後。基準は震度5以上の地震発生時で、設置は今回が初めてだった。本部のトップである病院長が当時不在だったが、職員数名が「必要」と判断し迅速に動いた。

 各部署の担当者で組織された「防災対策小委員会」で日ごろから訓練を重ねていることも大きく役立った。各部署の状況が本部へ一斉に集約され、院内の混乱を抑えられたという。

 翌日12日は通常通りに業務を進めたが、13日夜、東京電力から計画停電の知らせが直接同院へ。職員は緊急招集された。大型医療機関の電力供給がストップすれば、オペをはじめとしたあらゆる医療機器が故障する可能性もある。

 三次救命救急センターを備えた市の地域中核病院でもある同院は、東電に停電対象を外すよう即座に強く要請。なかなか受け入れられなかったが、要請を続け、17日朝にやっと外された。田口病院長は「ライフラインの次に重要なのは、医療ではないのか。行政側の災害対策にも課題がある」と指摘した。

放射線技師被災地へ

 福島第1原子力発電所の事故を受け、同院・診療放射線技師の大内幸敏さんが(社)日本放射線技師会・放射線サーベイヤー派遣隊の副隊長として被災地に赴いた。

 大内さんが所属した12人からなる第1クルーは、16日から20日にかけて福島県田村市と郡山市で活動。原発から約40〜50Km圏内で、避難民の被ばく検査や情報収集に奔走した。5日間で4887人を検査し、除染が必要だったのは35人。

 大内さんは「東電側は正確な情報を出してほしい」と怒りを投げかけるとともに、「風評被害に惑わされず、冷静な対応を」と強く呼びかけていた。
 

旭区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

被害抑止へ孫の力を

振り込め詐欺

被害抑止へ孫の力を

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

五味さんが県知事賞

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク