旭区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災 現場努力で高齢者受入れ 老健リハビリよこはま

被災した高齢者を受け入れた同施設(26日)
被災した高齢者を受け入れた同施設(26日)

 定員130床に228人―。3月19日、被災した福島県南相馬市の高齢者施設利用者を独自に受け入れた、区内の介護老人保健施設「老健リハビリよこはま」(都直人理事長=金が谷)。同施設内では、職員やボランティアが数日間にわたり奮闘した。

 同施設と南相馬市福祉会の理事長同士の交流があったことから、今回の受け入れは実現。当初は100人ほどを予定していたが、迎えに向かった職員らの現地到着後、そこに待っていた6施設の利用者全員を受け入れることに決めたという。

 同施設到着後は、職員や報道などを見て駆けつけた約80人のボランティアが不眠不休で対応した。24日には県外を含めた各施設への受け入れがきまり、26日には38人に。医療行為が必要な利用者に限られており、同施設では今後も横浜市を通じて病院などへの移動を進めていくという。

 市健康福祉局の担当者は今回の受け入れを「ありがたい話。本来なら行政が先行してやるべきところ」と言葉に力を込める。厚生労働省の要請を受け、各都道府県と政令指定都市では現在、要援護者の受け入れ施設と人数の調査を進めている。横浜市では22日現在、高齢者、障害者、児童・母子、生活保護者など329人97施設を報告しているが、国からの要請はまだ来ていないという。

ボランティア育成に課題も

 今回の受け入れを知り、ボランティアで駆けつけた介護福祉士の女性は「何とか手助けしたい思いで参加したが、無力さも感じた」と言葉を詰まらせる。職場や知人などにもボランティアを呼びかけ「人手が足りていない。現場ですぐに動けるボランティアの人材育成が急務。市もヘルプ(人員)を手配するべきでは」と語気を強めていた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

爆弾テロに備えを

地域住民の出会いの場に

バイクで移動を支援

左近山

バイクで移動を支援

3月15日号

帷子川の様子を間近で

みなまきに雛人形ずらり

南万騎が原

みなまきに雛人形ずらり

3月15日号

4月27日に開業

二俣川駅南口新商業施設

4月27日に開業

3月15日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク