旭区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

カラスよけネットのモデルに 新製品、今宿つくし自治会で設置中

社会

ハンドルを回してネットを収納
ハンドルを回してネットを収納

 希望が丘東地区連合自治会・今宿つくし自治会のごみ集積所に、先月20日からカラスよけネット「クルリンポン」がモデル設置されている。

 これは同連合独自の取り組み。カラスよけネットは、南区にある「(株)オプティ」が企画、販売するもの。全体がポストのような形をしており、ハンドルを回してネットを出し入れすることができる。ネットの中にごみを収集できるため、上にかけるだけのものよりもごみが散乱しにくいという。

 地区内に住む上原健さんがオプティの代表者と知り合い、連合に働きかけたことで設置が決まった。上原さんは(財)日本野鳥の会のパートナーとして活動しており、以前からカラス対策のため何かできないかと考えていたという。

 同連合では、地区内集積所への導入を目指している。連合の坂口範子さんは「今までは住民が当番でネットの片付けをしていたが、これなら不要。効果を見ながら導入を進めたい」と話している。

 一方、資源循環局旭工場では、「すべての集積所で使い勝手が良いとは限らない。導入は難しいと思う。資源循環局から勧める予定はない」と慎重な姿勢を見せる。また「破損時などの責任はとれないので、自治会単位で管理してほしい」としている。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク