旭区版 掲載号:2012年3月22日号
  • LINE
  • hatena

帰宅困難者対策 坂本祭典 一時滞在施設に 区内民間施設では第1号

社会

届けられた物資と同社社員(二俣川斎場)
届けられた物資と同社社員(二俣川斎場)

 さちが丘の葬儀式場「坂本祭典」((株)サカモト・坂本又二代表取締役)が、横浜市が進めている「帰宅困難者一時滞在施設」に指定され、2月10日に協定を結んだ。3月15日には帰宅困難者用の支援物資が二俣川斎場に届けられた。区内民間施設が同施設の指定を受けるのは初。

 坂本祭典は二俣川斎場のほか、西谷、和田町、保土ヶ谷、新横浜、上大岡斎場を構えており、今回は市内6斎場全てが対象となった。二俣川斎場には現在、トイレパック200個、水168缶、ビスケット160個が備蓄されている。

 同施設は災害時の帰宅困難者に対し、施設の安全が確認でき次第開放する。市では東日本大震災前から横浜アリーナ(港北区)やパシフィコ横浜(西区)を同施設として指定していたが、震災当日は各地で帰宅困難者が発生。この状況を受け市では滞在施設を拡充しようと、民間事業社に受け入れを要請してきた。現在も施設は拡充中だが、昨年9月29日時点の発表によると民間事業社32、公共施設60が指定を受けている。区内公共施設はみなくるやサンハート、希望が丘地区センターなどが指定されている。

 二俣川斎場では昨年の震災当日も休憩所として施設を開放し、トイレなどを提供していた。同社は「災害時にはできる限りの協力をしたい」と話している。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク