旭区版 掲載号:2012年12月6日号
  • LINE
  • hatena

鮎川賞小説 「体育館の殺人」増版へ 区内大学生 母校モデルに

文化

カバー絵も同校がモデル
カバー絵も同校がモデル

 旭区に住む現役大学生の青崎有吾さん(21)が今年4月、鮎川哲也賞を受賞。初の「平成生まれ」の受賞者となった。受賞作「体育館の殺人」は10月15日に東京創元社より出版され、早くも増版が決まっているという。

 同賞は、本格推理作品を志す新人発掘のために同社が主催しているもので、今回で第22回を迎える。

 本作の舞台となった高校は、青崎さんの出身校でもある区内の県立高校がモデルとなっている。「いちばん馬が合う」というアメリカの推理作家、エラリー・クイーンにも劣らない論理的な推理で密室殺人の謎が明かされていく。

 青崎さんは幼稚園に通う頃から、月に2回は旭図書館に連れて行ってもらったというほど、根っからの読書好き。初めて小説を書いたのは高校1年の時で、夏休みの自由課題として完成させた。明治大学文学部に入学すると、ミステリ研究会に入り、2週間に1回の読書会や書評会など、読書漬けの日々を送る。本作は昨年の夏休みを利用して書き上げたという。現在は3年生で、冬休みを使って一気に続編を仕上げる予定だ。

 四六判330ページ、1700円(税別)。詳細は東京創元社【URL】http://www.tsogen.co.jpへ。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク