旭区版 掲載号:2012年12月13日号
  • LINE
  • hatena

地域ぐるみでごみ拾い 希望が丘南地区

社会

 希望が丘南地区連合自治会で12月2日、ごみ拾いなどを住民で行うクリーン活動が行われた=写真。

 善部小学校や南希望が丘中学校、横浜隼人高校バスケットボール部、地域住民ら528人が集まり、9コースに分かれ自治会内を清掃した。日ごろから地域住民が清掃をしているため、道路上にごみは少なかったが、公園内でのペットボトルのポイ捨てが目立った。

 集まったごみは燃やすごみ15袋、燃えないごみ12袋、ペットボトル2袋など計63袋(70リットル袋)。子どもたちは「気付いたらゴミを拾おう」などと話していた。主催者の同地区社会福祉協議会の武山一正会長は「年々地域の行事として定着してきた。今後も環境啓発をしていきたい」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク