旭区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

旭区で「見ぃつけた」 「いつも回ってくれる」安心感 パトロール続ける工藤さん

社会

「弾んだ響く音をいかに出せるか。毎日訓練です」と工藤さん=1月17日
「弾んだ響く音をいかに出せるか。毎日訓練です」と工藤さん=1月17日

 「カン、カン…」。夜9時ごろになると、拍子木の澄んだ音が響き渡る。

 10年ほど前から拍子木を手に、夜回りパトロールを続けている「カンカンのおじさん」こと工藤多七郎さん(71)=上白根町。地元でも名物になっているこの活動は、土日や祝日、雨天の日などを除き日課になっている。誘導灯や懐中電灯を持ち、十数年前から1人でパトロールを始めたのが活動のきっかけだ。

 寒い冬でも「今日も無事だったと思えればいい。運動不足の解消にもなるし、趣味みたいなもの」と笑う。拍子木の音がすると、地元に住む人は「9時だ」と思うほど。「いつも回ってくれているというだけで、すごく安心する。あのカンカンという音は、どこか懐かしい」。近所に住む武田武さん(46)は、そう話す。

 拍子木のほか、倒れている人を運ぶためのひもや、首から下げる防犯パトロールのカードを持ち歩く。以前、公衆トイレで倒れていた女性を自宅まで運んだことも。路上にしゃがみこんでいる高校生くらいの若者集団には「こんばんは」と声をかけ続けていたら、ある日「おじさん、たたかせてよ」と心を開いてくれた。内心は恐いとも思いつつ、「自分にできることをやるだけ。おおげさなことじゃない」と気負いはない。

 「音は日によって違う。湿度が高いと重たい音になる」。面と面で打つと「ビタン」という音になるが、点を意識して打つと弾んだ響く音が鳴るという。「脇を軽く締めて、ポーンと弾ませないといい音は出ない」。愛用していた拍子木は、廃材屋で見つけたテーブルの脚を材料にした自作品だった。目標は大相撲の土俵入りなどで打ち鳴らされている、あの高い音だ。

 半年ほど前から、朝も登校する児童を見守るようになった。市立今宿小学校に借りた旗を手に、信号のない横断歩道などに立つ。沿道には花を植え、そっと育てている。「余計なおせっかいおじさんだから」。明るい笑い声が響き渡った。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク