旭区版 掲載号:2015年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

万騎が原中男子卓球部 2年ぶりの全国へ 当時の「先輩」越えが目標

スポーツ

選抜大会に出場する万騎が原中男子卓球部
選抜大会に出場する万騎が原中男子卓球部

 万騎が原中学校の男子卓球部が3月28日・29日、埼玉県で行われる「第16回全国中学選抜卓球大会(男子団体戦)」に神奈川県代表として出場する。同部の選抜大会への出場は2年ぶり2回目。前回出場時の、予選リーグ2位チームによるトーナメント「準優勝」越えを目標に、大舞台へ挑む。

 同部は昨年12月に開催された「第61回神奈川県中学生卓球大会」で優勝。準々決勝、準決勝、決勝ともに、3対0のストレート勝ちで選抜大会出場を決めた。

初心者から全国へ

 卓球を始めたのは部員全員が中学入学後。ずば抜けた選手、いわゆる「絶対的エース」はいないものの、総合力で勝負するのがチームカラーだ。週7日の練習と、基礎を大切に繰り返し行う練習の2つが、強さの秘訣。休日は終日練習することもあるほか、県外へ遠征して強豪校との練習試合に臨むこともあるという。部長の塩田健人君(2年)は「練習場所に恵まれていることと、(顧問の)先生の指導が大きい」と語る。顧問の大橋克己教諭は「穴がないので、どこからでも3勝することができる」と、チームを分析する。

関東大会でベスト4入り

 同部は3月14日・15日にも、関東各県の新人戦上位チームが争う「第21回関東中学校選抜卓球大会」に出場。予選リーグを1位で突破し、決勝トーナメントでも接戦を制するなどベスト4に入った。塩田君は「準決勝で1対3と負けたけど、もう少し頑張れたかなと思う」と話し、大橋教諭は「(中学まで)オール初心者のチームで関東ベスト4はめったにない。よくがんばった」と健闘を称えた。

 選抜大会を目前に控え、塩田君は「予選リーグで2位トーナメントには残りたい。2年前の先輩たちの成績が目標」と抱負を語った。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク