旭区版 掲載号:2015年6月25日号
  • googleplus
  • LINE

プロボクシング八重樫さん 地元復興願い募金活動 瀬谷区の団体と協力

社会

募金する子どもに優しく声をかける八重樫さん
募金する子どもに優しく声をかける八重樫さん
 岩手県出身のプロボクサー・八重樫東(やえがし あきら)さん=中希望が丘在住=らが6月6日、岩手県大槌町への復興支援の一環として二俣川駅前で募金活動を行った。これは、地元の復興を願う八重樫さんと瀬谷区のボランティア団体「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会(露木晴雄会長)が協力して取り組んだもの。寄付金を基に購入した漁船の照明器具は、翌7日、八重樫さんらにより現地に届けられた。

 「募金の協力をお願いします」――。突然、二俣川駅前に現れた元ボクシング世界王者を前に、大勢の人が足を止める。募金活動は初めての経験という八重樫さんは「色々な世代の方が募金に協力してくれた」と活動について話す。また、八重樫さんが持つ募金箱に募金をした二俣川在住の親子は「ボクシング好きのパパに自慢できる」と嬉しそうに話した。

瀬谷丸に照明器具を

 今回の活動は「被災地のために何かしたい」という、八重樫さんの思いから始まった。取り組みを進める中、八重樫さんが知人を介して知り合ったのが「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会だった。

 同委員会は、瀬谷区の若者らが復興支援で訪れた大槌町で、現地との交流が始まり結成。瀬谷区民らから寄付金を募り2013年、震災で漁船を失った大槌町の新おおつち漁協に定置網漁船「瀬谷丸」を寄贈した。その後も復興を通じた、交流の輪が広がっている。また、現地では「瀬谷丸で漁を行う時に、照明器具がなくて不便」という声があることを知り、今回、照明器具の費用を集めるための募金活動が行われることになった。八重樫さんは、全盲の人が募金をした場面を思い出し「自分も大変なはずなのに、とても心が打たれました。機会があればまたやりたい」と今後の活動についても意欲を見せた。また、露木会長も「瀬谷丸を通して復興活動を続けていきたい」と思いを話す。

 今回集まった寄付金で購入した照明器具は、募金活動翌日の7日に八重樫さんらによって直接、大槌町に届けられた。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク