旭区版 掲載号:2016年5月12日号 エリアトップへ

横浜市 団地で被災者受け入れ ひかりが丘住宅

社会

掲載号:2016年5月12日号

  • LINE
  • hatena
上白根町のひかりが丘住宅
上白根町のひかりが丘住宅

 横浜市は熊本地震の発生を受け4月26日から、市営ひかりが丘住宅(上白根町)で被災者を受け入れる申し込みを開始した。

 この取り組みは、市が行う被災者支援の一環。ひかりが丘住宅の25戸が一時提供される。使用期間は原則として6カ月以内(状況により延長可)。住宅・駐車場使用料・保証金は免除となる(光熱費・共益費などは各自負担)。被災地からの距離が遠いこともあり、問い合わせは現状5、6件と多くはないものの、2組の入居が決まっている(5月9日現在)。

 市建築局市営住宅課担当者は「地震発生を受け、速やかに対応し、入居者受付の申し込みを始めることができました。市内に住む親類や知人を介し、被災者に情報が伝わっているのでは。引き続き支援に取り組んでいきたい」と話す。

 入居に関する詳細・問い合わせは、市建築局市営住宅課(【電話】045・671・4420)へ。また、同様の取り組みは、横浜市住宅供給公社(【電話】045・210・6557)などでも行われている。

旭区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月13日号

和太鼓で無病息災を祈念

和太鼓で無病息災を祈念 文化

打鼓音、旭公会堂で演奏

5月13日号

横浜から世界へ

市スポーツ協会

横浜から世界へ スポーツ

パラアスリートを支援

5月13日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月13日号

無料頒布会の物品募集

無料頒布会の物品募集 社会

二俣川地区社協など

5月13日号

財政広報をウェブ化

財政広報をウェブ化 社会

市、ペーパーレスの一環で

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter