旭区版 掲載号:2017年4月13日号 エリアトップへ

ハマスタ大規模改修へ 東京五輪までに6千席増

社会

掲載号:2017年4月13日号

  • LINE
  • hatena
2020年の完成予定図
2020年の完成予定図

 横浜スタジアムの増築・改修計画案がこのほど、発表された。球場を運営する(株)横浜スタジアムと、(株)横浜DeNAベイスターズが構想したもの。球場は横浜市の公園施設のため、同社らは3月15日に市へ計画案を提出。許諾を得ることができれば、11月に着工予定。シーズンオフを中心に工事を進め、2020年春の完成を目ざす。

 横浜スタジアムは、1978年開業。オープンから40年近くが経ち、老朽化や収容人数不足が課題となっていた。20年の東京五輪では、野球・ソフトボールの主会場になることに決まっている。

 工事費用は約85億円。計画では、収容人数を従来の2万9千人から約6千席増席。市街地を一望できるデッキ席や個室観覧席などを新設する。また、休場日にスタジアムの周りをジョギングやウォーキングできる回遊デッキを設置。デッキには、スタジアム内が見えるポイントやデッキ下に店舗なども設けられる。

 バリアフリー化も推進。関内駅側のみだった球場へのスロープを、横浜公園側にも設置する。1基だったエレベーターも、増席する客席に合わせ、増設される予定だ。

旭区版のローカルニュース最新6

シンボル遊具、一時解体

上の原幼稚園

シンボル遊具、一時解体 教育

園舎リニューアルに伴い

1月20日号

新たに区内1者認証

新たに区内1者認証 社会

Y―SDGs第5回

1月20日号

旭区の町並み、記録に

鶴舞クラブ

旭区の町並み、記録に 文化

図書館などで掲示中

1月20日号

ポーズカフェに感謝状

左近山地区社協など

ポーズカフェに感謝状 社会

ケーキ切り落とし寄贈で

1月20日号

4施設合同でどんど焼き

清正会・清正学園

4施設合同でどんど焼き 文化

近隣小学生も招き交流

1月20日号

初開催の大池寄席

初開催の大池寄席 文化

立ち見客も多く賑わう

1月20日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook