旭区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

旭中央ボーイズ 10年ぶりに関東の舞台へ 粘り強さで勝利目指す

スポーツ

旭中央ボーイズの部員たち
旭中央ボーイズの部員たち
 旭区内を拠点に活動する中学生硬式野球チーム「旭中央ボーイズ」(吉田敬一郎代表/岡本裕樹監督)が、第42回日本少年野球関東大会に出場する。10年ぶりの出場となる関東の舞台で、まずは初戦突破を目指す。

 1998年に発足した旭中央ボーイズ。中学1年から3年まで20人が所属し、区内桐が作のグラウンドを拠点に活動している。5月末に行われた全国大会予選で敗退。気持ちを切り替えて練習に励み、今大会のブロック優勝を目指して神奈川県支部予選に臨んだ。

 予選には県内から32チームが出場。4チームに与えられる県代表の枠を争い、6月から7月にかけて4ブロックに分かれたトーナメント戦が行われた。

 初戦で厚木ボーイズを8対1で下すと、続く準決勝では平塚ボーイズと対戦した。平塚は春の大会で全国大会に出場した強豪だったが、初回でいきなり6得点。その後は徐々に相手の反撃を受けて1点差まで迫られたが、最後まで逃げ切って6対5で勝ち上がった。

 ブロック決勝の相手は横浜港ボーイズ。相手に先制を許す展開となったが、4回に追いついた。その後はお互い譲らない状況が続いたが、最終回にキャプテン・本間豪君が決勝タイムリーヒットを放って2対1で勝利。ブロック優勝に輝き、10年ぶりの関東大会出場を決めた。

 本間君は「監督の胴上げを目標にやってきて、やっと優勝できた。全員で粘り強く戦えたと思う」と喜ぶ。ピッチャーとして決勝で投げ切った和気大地くんは「先制されたけど、最少失点に抑えることを意識した。打撃陣を信じて投げ抜けた」と振り返る。

主将2人でチーム牽引

 旭中央ボーイズは大会ごとにキャプテンを換えつつ、2人のキャプテンを置く体制で大会に臨んできた。岡本監督は「一人ではなく、部員それぞれがチームを引っ張る意識を持ってほしい」とねらいを明かす。本間君とともにキャプテンを務める永田一希君は「監督と一緒に優勝したいという思いでやってきて、決勝で勝った時はうれしかった」と喜びを語る。

 チームは関東での勝利に向けて、一丸となって練習に励んでいる。「うちは守りが持ち味。バッティングもしっかり強化して、点を取れるようにやっていく」と永田君。県予選でも粘り強く守り抜いた守備に加え、打撃も強化することで関東での勝利を目指す。

初戦の相手は県央宇都宮

 10年前の出場時は初戦敗退に終わった関東大会。3年生にとっては負けた時点で引退となる最後の大会でもある。

 「チームの歴代記録を塗り替えて一つでも多く勝ち、笑って終えられるようにしたい」と本間君。岡本監督は「選手たちが一日でも長く野球ができるよう、出る以上は優勝を目指す」と意気込む。

 関東大会初戦は8月12日に埼玉県本庄市で開催。旭中央ボーイズは、栃木県代表の県央宇都宮ボーイズと対戦する。

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

学童保育 運営道のり険し

花見期に臨時利用開始

こども自然公園新駐車場

花見期に臨時利用開始

2月22日号

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

ポスター掲示でポイ捨て防止

柏町市民の森

ポスター掲示でポイ捨て防止

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

県立2校と合同で演奏会

横浜旭陵高吹奏楽部

県立2校と合同で演奏会

2月8日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花愛でる茶屋

こども自然公園

梅の花愛でる茶屋

25日に梅林入口で

2月25日~2月25日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク