旭区版 掲載号:2017年8月17日号
  • LINE
  • hatena

みんなでマイ箸づくり みなまきラボ

文化

 様々なワークショップなどを行うまちづくりの拠点「みなまきラボ」(柏町127 相鉄ライフ南まきが原内)で8月5日、夏休み企画として「エンピツとハシの持ち方講座」が開催された。みんなのお箸プロジェクト主催。

 同講座は、平沼芳彩さん(みんなのお箸プロジェクト代表)と書家の粟津紅花さんの「鉛筆と箸の正しい持ち方を身に着けていただきたい」という思いで企画されたもの。親子連れなど11人が参加し、正しい持ち方の話のほか、マイ箸作りが行われた=写真。箸は参加者の身長と足のサイズをもとに、平沼さんが一人ひとりに合った長さを用意。子どもたちは思い思いに色付けを行った。色の付いた箸は一度回収され、漆風の食品適合塗料でコーティングされた後、1、2週間後に参加者に渡される予定だ。講座に参加した織田叶太君(鶴ヶ峯小1年)・陸飛くん(4)兄弟は「色を付けるのが楽しかった。虫を描いた」と嬉しそうに話した。

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク