旭区版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

旭消防署 ストーブ火事などに注意喚起 火災件数微減も、救急は増加

社会

 今年1月からの旭区内の火災件数は35件(前年比5件減)、救急出場件数は1万1072件(同480件増)だった(11月21日時点)。12月からはストーブによる火災も多発する傾向にあるため、旭消防署では注意を呼び掛けている。

 火災の内訳は建物火災が19件、車両火災が2件、その他が14件。出火原因の最多は放火12件で、たばこ7件、配線器具2件、コンロ2件、ストーブ2件と続く。火災による死者は2人で50代男性と80代男性だった。

 市消防局の上半期の火災状況では、火災による死者は13人でそのうち65歳以上の高齢者は10人と、その比率は高い。旭消防署予防課は「高齢になると身体的に若いころとは異なってくるため、つけた火のことを忘れたり、火事が発生しても逃げ遅れてしまったりすることもある。とにかく、火をつけたらその場を離れないことを守って」と話す。

 12月〜3月にかけて増加するのがストーブによる火災だ。ストーブ火災は石油など燃料を使うものではなく、ほとんどが電気ストーブによるものだという。「電気を熱源とすることから安心している人が多い。就寝時につけっぱなしにして、ふとんが被さって火災に発展することもあるので、寝るときは必ず消して」と注意喚起する。また、住宅用火災警報器の設置も呼び掛けているが、設置している家庭でも電池切れになっている場合もあるため、半年に1回の点検を呼びかける。

 一方、救急出場件数は1万1072件と前年比で480件の増加だった。市内でも17万1062件、前年比で6341件増加した。救急出場件数は毎年増加しており、前年を上回るペースという。中には軽症のものもあるため、市では救急車を呼ぶかどうか迷ったときに相談できる救急電話相談サービスを設けている。#7119で看護師につながり、症状による緊急性や受診の必要性についてアドバイスしてくれる。旭消防署は「救急車も限りある資源なので、本当に必要な方に利用してもらうため電話相談なども利用してもらえれば」と話している。

旭区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

ポスター掲示でポイ捨て防止

柏町市民の森

ポスター掲示でポイ捨て防止

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

県立2校と合同で演奏会

横浜旭陵高吹奏楽部

県立2校と合同で演奏会

2月8日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

大雪で区内にも影響

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大池公園でキャンプ

大池公園でキャンプ

参加者募集

3月17日~3月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク