旭区版 掲載号:2017年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

今宿東キングローズ 旭区勢で初の栄冠 初出場で三浦大輔杯制す

スポーツ

優勝を果たしたチームのメンバーとコーチ陣
優勝を果たしたチームのメンバーとコーチ陣
 少年野球チーム・今宿東キングローズ(渡辺辰雄監督)がこのほど、「2017三浦大輔杯 第8回横浜市学童軟式野球大会」で優勝を果たした。同大会の優勝は旭区内のチームとして初めての快挙となる。

 同大会は横浜DeNAベイスターズ・スペシャルアドバイザーの三浦大輔氏と横浜市少年野球連盟(学童部)が主催。2010年から毎年開催され、市内18区から代表チームが参加したトーナメント戦が行われている。

 キングローズは春の旭区大会を制したことで、同大会へ初出場。10月から市内各地で試合が行われ、原ドジャース(瀬谷区)、港南台ファイターズ(港南区)、フォースターズ(磯子区)を下して決勝戦まで勝ち進んだ。

 決勝は12月2日に岸根公園少年野球場(港北区)で行われ、緑園ラービー(泉区)と対戦。初回から5回まではお互い譲らず、無得点の状態が続いた。6回に入ると4番の竹下友喜君(6年)のタイムリーヒットでキングローズが先制すると、続けて2点を加えて3点を先取。その後、ラービーに2点を返されたが逃げ切って3対2で勝利。初の栄冠を勝ち取った。キャプテンの竹下君は決勝戦を振り返り「厳しい試合だったけど、チャンスを生かして守り切れた」と振り返る。

 これまで旭区勢は2011年の東急白根少年野球部、2015年の白根ファイターズがそれぞれ3位。今回は旭区勢の最高成績を塗り替え、初出場での優勝を成し遂げた。

 渡辺監督は「各区の強豪が出る中、まさか優勝できるとは。今年のチームはバッテリーが安定し、しっかり守り、打つところで打てたことがよかった」とチームを称えた。

旭区版のトップニュース最新6件

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

街への気持ち歌に

希望が丘音楽家有志

街への気持ち歌に

7月5日号

新聞販売店が見守りで協力

二俣川ニュータウン地区

新聞販売店が見守りで協力

7月5日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク