旭区版 掲載号:2018年1月25日号
  • LINE
  • はてぶ

相鉄線西谷―二俣川駅間 「地下化」で渋滞解消へ 踏切10カ所を除却

社会

踏切の遮断で通行が妨げられる救急車(鶴ヶ峰2号踏切)
踏切の遮断で通行が妨げられる救急車(鶴ヶ峰2号踏切)

 横浜市は1月9日、相鉄線西谷駅―二俣川駅間で検討を進めてきた鉄道の連続立体交差事業の構造形式を「地下化」にすることを決定。10カ所の踏切を除却することで、交通渋滞の解消や鶴ヶ峰駅北口のまちづくりの進展が期待されている。

 同連続立体交差事業は2016年3月に、京急線「鶴見市場駅周辺」など、市内5区間の候補の中から次に行う事業区間として選定された。その後、交差方式の「高架化」か「地下化」の検討が進められ、踏切除却数が高架化に比べ2カ所多いことや周辺まちづくりへの寄与、経済性などが総合的に判断され「地下化」が決定した。事業区間の延長は約2・7Km、総事業費は約740億円。今後5年をめどに準備を進め、2023年に着工、33年度末までの完成を目指している。

”開かず”が5カ所

 今回の事業区間には、鶴ヶ峰駅そばの鶴ヶ峰2号踏切=写真=を含め、ピーク時に1時間あたり40分以上遮断している「開かずの踏切」が5カ所ある。踏切周辺では、朝夕を中心に慢性的な渋滞が発生。また、消防車や救急車の通行の妨げになるケースもあり、迅速な対応が求められてきた。

鶴ヶ峰駅北口再開発に弾み

 鶴ヶ峰駅北口周辺ではかねてから、再開発が模索されてきた。鶴ヶ峰駅周辺を含む区間が次の連続立体交差事業に選定されたことを受け、昨年6月からは、横浜市都市整備局や鶴ヶ峰駅北口地区再開発協議会(安藤公一理事長)による「鶴ヶ峰駅北口周辺地区まちづくり構想検討会」がスタート。市職員や同協議会・自治会関係者や地域住民らがまちの将来像について意見を出し合い、今年度末にまちづくり構想の素案を確定する予定だ。安藤理事長は「地下化に決まったことを軸に、検討会で市や地域住民とまちづくりについて進めていきたい」と話す。
 

旭区版のトップニュース最新6件

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

“町おこし”案を区職員に提案

左近山小6年1組

“町おこし”案を区職員に提案

10月18日号

所得制限緩和を検討

小児医療費助成

所得制限緩和を検討

10月11日号

今年もこども自然公園で

相鉄ロックオンミュージック

今年もこども自然公園で

10月11日号

合同でボッチャの大会へ

上白根中学校

合同でボッチャの大会へ

10月4日号

21郵便局などが協力

旭区徘徊SOSネットワーク

21郵便局などが協力

10月4日号

10/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

平成31年度入園 園児募集中!

めぐみ幼児園 旭区中希望が丘72-2 TEL.045-391-6038

http://kibogaoka-cpc.jp/megumi/

おかげさまで50周年

希望が丘で気軽に呑める店「立ち呑み 鳥正」

045-391-1258

法律の悩みありませんか?

不動産登記、債務整理、破産手続、相続・遺言書作成 ご相談ください

http://shiho-kanai-office.jimdo.com/

アマンデン洋菓子店は創業45年

常時、40種類の生菓子、焼き菓子が揃っています!

http://www.amanden.com

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

21日、旭区役所などで

区民まつり

21日、旭区役所などで

各種ステージや模擬店、イベント

10月21日~10月21日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク