旭区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

横浜F・マリノス 新監督迎え新たな船出 二俣川出身、和田選手が復帰

スポーツ

7人の新加入選手
7人の新加入選手
 昨シーズンにクラブ創設25周年を迎えた横浜F・マリノスは新体制発表会を1月14日、日産グローバル本社日産ギャラリーで開催。会場とパブリックビューイング合わせて約1500人に披露した。

 会の冒頭で古川宏一郎代表取締役社長は「2004シーズン以来のリーグ優勝を目指す」とあいさつ。チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック ドル氏からチームスローガン「Brave and Challenging〜勇猛果敢〜」が発表された。

 続いて新監督のアンジェ・ポステコグルー氏(前オーストラリア代表監督)が登壇。「他チームから恐れられるようなチームにしてきたい」と抱負を語り「これまでの20年間の監督経験でアタッキングフットボールをしてきた。それはここでも変わらない」と意思を示した。

 なお、今シーズンは二俣川サッカークラブ出身の和田昌士選手がJ2・レノファ山口から復帰。背番号は29番に決まった。チームは2月25日(日)の開幕戦に向け、現在はキャンプで練習に励んでいる。

 新加入選手は以下の通り(カッコ内は前所属チーム)。FW 大津祐樹(柏レイソル)、MF ユン イルロク(FCソウル)、DF 西山大雅(横浜F・マリノスユース)、DF 生駒仁(鹿児島城西高校)、MF 堀研太(横浜F・マリノスユース)、MF 山田康太(同)、FW 町野修斗(履正社高校)

旭区版のローカルニュース最新6件

100m背泳ぎで全国へ

「言葉が人生つくる」

幼稚園協会旭支部

「言葉が人生つくる」

8月16日号

水循環を知る

水循環を知る

8月16日号

「不登校は不幸じゃない」

8月19日

「不登校は不幸じゃない」

8月16日号

薬物の怖さ伝える

横浜旭LC

薬物の怖さ伝える

8月16日号

区制50年を前にうちわ

寶藏寺墓苑 追加限定区画販売

墓石付き完成墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「不登校は不幸じゃない」

8月19日

「不登校は不幸じゃない」

希望が丘でイベント

8月19日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク