旭区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

本村神明社で豆まき キャンドルナイトも盛況

社会

 本村神明社(本村町)で2月3日、節分祭とキャンドルナイトが開かれて境内には多くの人が集まった。

 福豆で邪気を追い払う季節の恒例行事で、厄年を迎える男女など約40人が豆をまく「役方」として参加。役方たちが順番に神楽殿の壇上に立つと、神楽殿前に詰めかけた観客から歓声が上がった。豆まきが始まると観客たちは豆や菓子などを求めて袋を広げ、必死に手を伸ばしていた=写真。

 父親と参加し、初めて役方として豆をまいた渡戸裕太郎くん(11)は「皆が前に来ていて面白かった。いろんな所へ投げるようにした」と感想を話した。

 3年目を迎えたキャンドルナイトは旭料飲喫茶事業組合が協力し、「油人」(ABURABITO)として廃油を再利用したキャンドル制作などに取り組む今城竜也さん=人物風土記で紹介=を中心に開催。二俣川小学校児童が描いた絵で飾ったキャンドルなどが境内を照らした。

 本村神明社の伊佐地誠嗣宮司は「多くの方々に来ていただき、盛り上がってありがたい。事故なくできて良かった」と話した。

児童の絵が飾るキャンドル
児童の絵が飾るキャンドル

旭区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大池公園でキャンプ

大池公園でキャンプ

参加者募集

3月17日~3月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク