旭区版 掲載号:2018年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

追分市民の森菜の花 今年は開花見られず 厳寒期発生の病害虫原因か

社会

枯れてしまった菜の花(3月6日撮影)
枯れてしまった菜の花(3月6日撮影)
 毎年この時季に見頃を迎える「追分市民の森」(矢指町)の菜の花が、今年は大部分が開花しない状態になっている。森を管理する北部公園緑地事務所は、寒気の影響による「病害虫が原因」と考えられるという。

 追分市民の森は帷子川の源流域にある森林で、隣接する「矢指市民の森」と一帯で年間を通じ、菜の花やヒマワリ、コスモスなどの四季折々の自然が楽しめる区内の名所。花の種まきや雑草管理などは地元住民による「追分・矢指市民の森愛護会」が行っている。

 同会の関水金作会長は、今年は種まき後の2月上旬頃に「菜の花の発育状態が悪いことが分かった」と明かす。例年通りであれば丈が伸びる時期だが、「場所によっては腐ってしまっており、明らかに花が咲かない状態だった」という。

 正式な調査は行っていないものの、北部公園緑地事務所によると厳寒期の1、2月にアブラナ科で被害が発生しやすい病害虫の「ハクサイダニ」が原因に考えられるという。「今年は大雪も降り、寒さの影響が大きかった」と関水会長。

 また、北部公園緑地事務所の担当者は「今年は市内の他地域でも、菜の花に同様の被害が見られるところがあった」と話す。今後の対策としては、敷地が約1ヘクタールと広大なため、ブルーシートを用いての殺虫方法などは難しいことから、「1年間経過を観察するしかない」と担当者。ハクサイダニは菜の花などのアブラナ科の植物を好むため、ほかの花にも影響を及ぼすか否かは、現時点では不明だという。

イベントは開催

 満開の菜の花は見られないが、今年も同愛護会と下川井町内会は「菜の花を楽しむ会」を3月25日(日)に開催する。10時から14時まで。地場野菜の販売をはじめ、先着500人に甘酒の配布、焼きそばや焼き鳥などの模擬店も出店予定。関水会長は「菜の花は残念な状態だが、日当たりの良い場所では少し楽しめるかもしれないので、ぜひ来場を」と話す。同所へは、相鉄線三ツ境駅より徒歩20分。相鉄バス・神奈中バス(若葉台中央行)「西部病院前」で下車、徒歩7分。

7/5家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

下水熱活用し、路面温度を調整

鶴ヶ峰まちかど広場

下水熱活用し、路面温度を調整

6月21日号

8年ぶりに優勝つかむ

旭区囲碁連盟

8年ぶりに優勝つかむ

6月21日号

助成までの期間 短縮へ

指定難病医療費

助成までの期間 短縮へ

6月14日号

文科省指定 SSH校へ

希望ケ丘高校

文科省指定 SSH校へ

6月14日号

笑顔と活気あふれる街に

観客交えて初の訓練

サンハート

観客交えて初の訓練

6月7日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク