旭区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

20年の歩みをパネルで ズーラシアで企画展

文化

同園で飼育するアカアシドゥクラングール(同園提供)
同園で飼育するアカアシドゥクラングール(同園提供)
 よこはま動物園ズーラシア(上白根町)では現在、アカアシドゥクラングールの来園20周年企画展を開催している。

 アカアシドゥクラングールは「世界一美しいサル」とも言われる絶滅危惧種の動物。同園には1998年に雄2頭が来園。2012年、13年には繁殖を目的に雌1頭ずつがシンガポールから来園し、13年に繁殖に成功した。現在は10頭となり、国内では同園のみで飼育されている。

 展示では生息地や世界での飼育状況、保全活動をはじめ、飼育方法、同園で飼育する10頭の家系図などをパネルで紹介。また、14年から同園で行った国内初の人工哺育などについても展示している。開催期間は9月3日(月)まで。

誕生日イベントも

 さらに、4月22日(日)と5月20日(日)には、誕生日を迎える3頭を祝う特別ガイドも開催する。時間は各日正午からで、所要時間は15分程度。

 飼育担当者から話を聞きながら、おやつを与えることができる。参加には入園料が必要。問い合わせなどは同園【電話】045・959・1000へ。

パネル展示(同園提供)
パネル展示(同園提供)

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク