旭区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

左近山団地 広場を活用して結婚式 地域住民も一緒に祝う

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
手作りの会場で祝福される坂田さん夫妻
手作りの会場で祝福される坂田さん夫妻

 左近山団地内の広場「左近山みんなのにわ」で5月19日、同団地住人の結婚式が開かれた。団地再生の一環として再整備された広場が会場となり、誰でも気軽に参加できるオープンウェディングの形で招待客や地域住民らが2人を盛大に祝った。

 結婚式を挙げたのは左近山団地に住む坂田旭(あきら)さん(33)と文香さん(29)夫妻。旭さんは建築設計、文香さんは公園や広場などの空間デザインを手掛けている。

 式の会場となった広場は第三集会所前に位置し、団地再生事業「左近山団地パークプロジェクト」の一環で文香さんが設計を担当。設計に携わったことをきっかけに少しずつ左近山団地を気に入り、2人は昨年7月から同団地で暮らし始めた。

新たな活用法探る

 広場では昨年6月の完成以降、地域住民や有志らによる団体「左近山みんなのにわ運営パートナーズ」がマルシェやワークショップなどさまざまなイベントを開いてきた。文香さんは自らが携わった広場の新たな活用法を考える中で、広場を会場に自分たちらしいウェディングパーティーをできればと考え、今回の結婚式を企画したという。

 2人の同僚らが協力して飾りつけた手作りの結婚式会場では、人前式と披露宴を実施。人前式では招待客だけでなく、偶然通りかかった地域住民らも立ち会った。多くの人々が見守る中、2人は誓いの言葉を交わして指輪を交換。最後は「おめでとう」の声に合わせて風船を放ち、2人の門出を盛大に祝った。

 買い物に出た際に偶然式に立ち会ったという女性は「50年左近山に住んでいて、初めてのことで感激した。こうやって左近山にも若い人たちが増えてくれたらうれしい」。式を終えて文香さんは「招待した人たちだけでなく、多くの人に祝っていただけた。こういう形にできてよかった」と話した。

 今後も要望に応じ、さまざまな形で広場を活用することができるという。相談は左近山団地中央地区住宅管理組合【電話】045・351・7548へ。

旭区版のトップニュース最新6

「住み続ける」旭区がトップ

市民意識調査

「住み続ける」旭区がトップ 社会

「自然が身近」と回答3割

4月15日号

相鉄バスが自動運転試行

左近山

相鉄バスが自動運転試行 社会

今夏、営業運行の実験へ

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月8日号

地元読者が「推し本」紹介

くまざわ書店二俣川店

地元読者が「推し本」紹介 文化

特設コーナーで26日まで

4月8日号

2年振りに春の開催

里山ガーデン

2年振りに春の開催 文化

一方通行など感染対策

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter