旭区版 掲載号:2018年5月31日号
  • LINE
  • hatena

地元・二俣川を舞台に撮影 二ノ宮隆太郎監督「枝葉のこと」

文化

実体験をもとに今作を作った二ノ宮監督
実体験をもとに今作を作った二ノ宮監督

 幼少期から過ごした地元・二俣川で映画を―。万騎が原小・中出身の二ノ宮隆太郎監督の映画「枝葉のこと」が現在、劇場で公開されている。

 作品の舞台は二俣川。主人公の男が幼少期に、母親代わりとして世話になった、病にかかった友人の母親に会いに行くことを決めてからの数日間を描いた作品だ。

 二ノ宮監督は鎌倉市出身。幼稚園時代に二俣川へ引っ越し、二俣川で育った。同作では自身が主演、実の父親も本人役で出演。撮影は二俣川銀座商店街や、万騎が原にある実家などで行われた。二ノ宮監督は「旭区で育った一人の男の物語。観た人の心に何か引っ掛かることがあれば」と話す。

世界からも注目

 同作は昨年、ロカルノ国際映画祭の新鋭監督コンペティション部門に長編作品では日本映画から唯一出品。カンヌ、ベルリン、ヴェネツィアの世界三大映画祭に次ぐ同祭は若手監督の登竜門とも言われ、世界各国からも注目を浴びた。

 地元の印象を「坂の多いまち。大池公園ではよく遊んだ」と話す一方、駅南口の開発などを目にして「まさかこんなに都会のようになるとは」と驚く二ノ宮監督。「これからいろんな場所で作品を撮ると思うけど、きっと地元に戻って来るかな」と地元への愛着を見せる。

 「枝葉のこと」はシアター・イメージフォーラム(東京都渋谷区)で公開中。期間は6月8日(金)まで(延長の場合も有り)。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

旭区選挙管理委員会

4月7日(日)は 「統一地方選挙」 市会・県会・知事

http://www.city.yokohama.lg.jp/senkyo/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桜愛でる茶屋

旭 区

桜愛でる茶屋

こども自然公園で30日

3月30日~3月30日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク