旭区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • はてぶ

旭区徘徊SOSネットワーク 21郵便局などが協力 発見協力機関35カ所に

社会

下田区長(右)と佐藤局長
下田区長(右)と佐藤局長
 認知症の人を支えるための「旭区徘徊SOSネットワークシステム」の発見協力機関に、10月から旭区内の全郵便局20カ所とゆうちょ銀行1カ所が加わり、全体で35カ所となった。9月26日には登録式が行われ、下田康晴区長から、代表の横浜今宿南郵便局の佐藤弘行局長に登録票が手渡された。

 1999年度から始まった同システムは、徘徊で行方不明になった認知症の人をできるだけ早く家族の元へ返すことを目的としたもの。徘徊の可能性がある認知症の人の連絡先や特徴、写真などの情報を事前登録し、旭警察署や地域ケアプラザ、旭区役所で保管。登録した人が徘徊して行方不明になった場合には家族などからの連絡を受け、地域ケアプラザや区役所が発見協力機関に本人の情報を提供している。

 情報を受けた発見協力機関は捜索活動を行わず、日常業務の中で徘徊している人を見かけたり、連絡を受けたりした場合に家族や警察に知らせる。これまでは鉄道やバス、タクシー会社、旭区社会福祉協議会、旭土木事務所の14事業所があった。

229人が登録

 区によると、2017年度までの認知症の人の登録数は229人。昨年度は25人の発見協力依頼があったが、翌日までに全員が発見された。

 26日に区長室で行われた登録式には、区内の郵便局とゆうちょ銀行から7人が出席。下田区長は登録票を手渡すにあたり、「区内の高齢者人口が28%以上の現在、地域の見守りに重要なパートナーシップを結べることはありがたい」と感謝を伝えた。横浜今宿南郵便局の佐藤局長は「今回の連携がモデルケースとなり、区を越え拡がっていってほしい」と期待を込めた。

旭区版のトップニュース最新6件

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

“町おこし”案を区職員に提案

左近山小6年1組

“町おこし”案を区職員に提案

10月18日号

所得制限緩和を検討

小児医療費助成

所得制限緩和を検討

10月11日号

今年もこども自然公園で

相鉄ロックオンミュージック

今年もこども自然公園で

10月11日号

合同でボッチャの大会へ

上白根中学校

合同でボッチャの大会へ

10月4日号

スマホ活用し魅力発信

よこはま動物園ズーラシア

スマホ活用し魅力発信

9月27日号

10/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

平成31年度入園 園児募集中!

めぐみ幼児園 旭区中希望が丘72-2 TEL.045-391-6038

http://kibogaoka-cpc.jp/megumi/

おかげさまで50周年

希望が丘で気軽に呑める店「立ち呑み 鳥正」

045-391-1258

法律の悩みありませんか?

不動産登記、債務整理、破産手続、相続・遺言書作成 ご相談ください

http://shiho-kanai-office.jimdo.com/

アマンデン洋菓子店は創業45年

常時、40種類の生菓子、焼き菓子が揃っています!

http://www.amanden.com

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

21日、旭区役所などで

区民まつり

21日、旭区役所などで

各種ステージや模擬店、イベント

10月21日~10月21日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク