旭区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

旭区発の焼酎が復活 地元産の芋使い3年ぶり

経済

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
写真はイメージ
写真はイメージ

 旭区産のサツマイモを原料にした芋焼酎「一里山」と「みんなの氣力(きぢから)」が昨年、3年ぶりに生産を復活。きょう12月6日から、横浜高島屋7階にある「ヨコハマ・グッズ001ショップ」で販売する。

 同商品はIT会社の社長で、実家が下川井町で代々続く農家の小川名剛彦さんが企画したもの。地元農家の協力を得て、区内で採れるサツマイモを原料に2009年から鹿児島県の蔵元で毎年生産を行ってきた。

 しかし、14年からは焼酎離れなどが進んだ影響もあり、一時生産をストップ。昨年、同じく下川井町で農家を営む小川名慎吾さん=人物風土記で紹介=をはじめとする、区内農家6軒の協力を得て3年ぶりに生産を再開させた。

 今回原料に使用されたサツマイモは「紅はるか」「山川紫(やまがわむらさき)」「黄金千貫(こがねせんがん)」の3種類。人気品種で糖度の高い紅はるかは、焼酎に使用されることは珍しく、「しっとりした甘さで焼き芋に適している」と小川名慎吾さんは話す。両商品とも生産過程でろ過をせず、あえて雑味や苦みを残したことで「深みのある面白い味わいになった」と小川名剛彦さんは胸を張る。

 「みんなの氣力」はアルコール度数37度で税抜4500円、「一里山」は25度で税抜2200円。両商品とも720mlで販売され、生産年のラベルが貼られている。

 2013年ものの「Y20°」も販売されている。商品に関する問い合わせは、同ショップ【電話】045・311・5111へ。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

環境への取り組みを発表

南本宿小

環境への取り組みを発表 教育

児童らが全国サミット初参加

9月19日号

希望苑でフェス

泉区

希望苑でフェス 社会

花火は午後5時半から

9月19日号

児童らが描く瀬谷の風景

瀬谷区

児童らが描く瀬谷の風景 社会

21日から作品展

9月19日号

「幼稚園の心配解消を」

幼稚園協会旭支部

「幼稚園の心配解消を」 教育

フェアに90組の親子

9月19日号

ラグビーW杯あす開幕

ラグビーW杯あす開幕 スポーツ

ファンゾーンイベントも

9月19日号

認知症への対応考える

認知症への対応考える 社会

26日、無料の講演会

9月19日号

旭区から「マヤ」が銅賞

旭区から「マヤ」が銅賞 経済

「ガチハンバーグ!」結果発表

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク