旭区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

南本宿町佐々木さん レスリング 全日本で優勝 柔道経験生かし、相手圧倒

スポーツ

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
メダルと賞状を手にする佐々木さん
メダルと賞状を手にする佐々木さん

 南本宿町在住の佐々木太一さん(29)が、1月19日に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)で行われた「第19回全日本マスターズレスリング選手権大会」のフレッシュマンズ30〜45歳の部100kg級で優勝した。競技歴は1年未満ながら、柔道をはじめ様々な格闘技の経験を生かし、勝利をつかみ取った。

 直径9mの円の中で選手が組み合い、投げ技や寝技によって相手を倒すレスリング。2分2回の計4分の間に、柔道でいう「一本勝ち」にあたる両肩を1秒以上マットにつける「フォール」や、獲得ポイントによる判定で勝敗を決する。

 佐々木さんは、社会人になるまでレスリング経験がない人が出場可能な「フレッシュマンズ」の部に参戦。1試合目は相手の背面から覆い被さってひっくり返す「がぶり返し」という得意技や寝技でポイントを順調に稼ぎ、試合開始から1分9秒で勝利をおさめた。

 優勝が懸かった次の相手は昨年の同階級覇者。「昨年の王者ということで、少し緊張して臨んだ」と話すが、開始直後に柔道の大外刈りを模した足技をかけ、すかさずマットへ抑え込み、フォール勝ちへと持ち込んだ。わずか48秒での勝利。「優勝というタイトルを手に入れたことは自信につながるし、何より嬉しい」と笑顔で話す。

世界大会出場も

 現在は秋葉中学校(戸塚区)で体育教諭として勤務する佐々木さん。かつて西谷中学校(保土ケ谷区)で勤務していた時には、日本発祥の格闘技「コンバットレスリング」で世界大会に出場した実績もある。

 レスリングは昨年から競技を始め、埼玉の市民大会への出場を皮切りに、昨年12月には県内高校生が複数参加する合同合宿で一緒に汗を流し、同大会に向け準備を行ってきた。優勝の要因は多岐にわたる格闘技の経験。「特に6歳から取り組む柔道で、体に染みついた動きが応用できた」

 現在、6月の全日本社会人選手権に照準を合わせて練習に励む。3位以内に入ると国内最大規模の大会「天皇杯」への切符が手に入る。「やるからには上を目指す」と意気込みを見せた。

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

休耕地にワイン「ブドウ園」

今宿西町

休耕地にワイン「ブドウ園」 経済

3年かけ醸造目指す

4月2日号

小中連携の取組評価

旭中中沢小

小中連携の取組評価 教育

市優秀教育実践校で表彰

3月26日号

28日から、春の公開

里山ガーデン

28日から、春の公開 文化

コロナでイベント中止も

3月26日号

「自転車は駐輪場へ」

二俣川駅北口

「自転車は駐輪場へ」 社会

歩道に児童の絵で啓発

3月19日号

保護者不在で卒業式

新型コロナ

保護者不在で卒業式 社会

区内施設運営にも影響

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク