旭区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた 宮下 遥奈さん 四季美台在住 20歳

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena

スカーフで横浜に貢献

 ○…世界最高水準の技術で作られている「横浜スカーフ」。横浜生まれのシルク製品ブランドの魅力を広く伝える大使の一員として、来年3月まで活動する。「真珠やダイヤモンドにも負けないくらいの光沢が魅力。自分も勉強しながら、多くの方に横浜スカーフを知ってもらいたい」と意気込みを語る。

 ○…生まれも育ちも旭区で、本宿小学校、鶴ヶ峯中学校の出身。過去には「横浜開港祭親善大使」としてイベントの盛り上げ役を担うなど、地元に貢献したいという気持ちを行動に移してきた。スカーフ大使との出会いは、昨年の「ザよこはまパレード」。スカーフは母親の影響で愛用していたが、スカーフを身に付けて活躍する大使の姿を見て応募を決意。「選ばれてとてもうれしかった。自分も愛用していたスカーフの魅力を、もっと広めたいという気持ちが強まった」と選ばれた時の心境を明かす。

 ○…現在は横浜市立大学(金沢区)で微生物や植物、人体など理学系の分野を学ぶ3年生。高校も市内だったことから、「ずっと横浜で過ごしています」とにっこり。大好きな地元・横浜の魅力を「みなとみらいのような都市部も、旭区のような緑豊かな地域もあるところ」と語る。勉強の傍ら地元の塾では講師も務め、空いた時間には小学生の頃から好きな手芸でくまのぬいぐるみを手編みする一面も。

 ○…スカーフは「ちょっと大人になろう」と、大学生になってから使い始めた。母親に聞きながらファッションに取り入れ、今では「バッグに付けたりいろんな使い方ができるけど、ズボンのベルトに使うのが好き」。参加予定だったよこはまパレードの中止を残念がるが、大使としての活動を心待ちにしている。

旭区版の人物風土記最新6

島貫 芳明さん

「大人の塗り絵コンテスト 懐かしいおもちゃ編」で入選を果たした

島貫 芳明さん

若葉台在住 103歳

4月15日号

和田 敏明さん

旭区民文化センター「サンハート」の館長に就任した

和田 敏明さん

二俣川在勤 60歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

3月18日号

伊丸岡 亮太さん

旭スポーツセンターに勤務して講座などを担当する

伊丸岡 亮太さん

川島町在勤 33歳

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク