旭区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

横浜大空襲の記憶たどる 平和のための戦争展

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
東神奈川上空から撮影した空襲写真(横浜市史資料室所蔵・山本博士資料)
東神奈川上空から撮影した空襲写真(横浜市史資料室所蔵・山本博士資料)

 1945年5月29日の横浜大空襲から75年を迎えた今年、新型コロナウイルス感染症の影響で開催が延期されていた「平和のための戦争展inよこはま」が、10月10日(土)・11日(日)に横浜駅西口のかながわ県民センターで開かれる。主催者は「10月2日は横浜市が非核宣言をした日。戦争による悲劇を忘れず、戦争も核もない世界を願い成功させたい」と話す。

   ◇   ◇

 イベントの実行委員会は、戦後50年を迎えた翌年の1996年から戦争展を開催。推定8000人ともいわれる死者を出した横浜大空襲の歴史を若い世代にも伝えようと、毎年5月下旬から6月上旬に開いている。

 横浜商業高校の卒業生らでつくる任意団体で、毎年戦争展に協力している「NGOグローカリー」は、2日目の11日に「5月29日・東神奈川で-4人はどう逃げ惑ったか」というテーマで調査結果の報告を行う。

 グローカリーは、米軍機が焼夷弾を落とす際の標的とした平均弾着点の一つ「東神奈川駅周辺」に着目。同地で空襲に遭った4人から避難経路などの聞き取りを続け、地図上に落とし込んだ。当日はスライドに地図を映し出しながら、出席する3人の証言をもとに避難時の行動や爆撃直後の光景を来場者と共にたどる予定だ。

 開催時間は10日が午後1時30分から4時、11日が1時から3時30分。両日ともに戦争などに関連した講演や朗読劇が行われる。

 実行委の吉沢てい子さんは「市民の半数が被災した悲劇を忘れることなく、過去の歴史を現在、未来につないでいくきっかけにしたい。各国で今起きていることを知り、世界の人々と協力することの大切さも感じてもらえたら」と話す。

 両日とも資料代500円が必要(高校生以下無料)。問い合わせは実行委【電話】045・241・0005へ。

あさひ区民利用施設協会

スタッフ大募集!2022年1月5日応募用紙必着。045・360・3636

http://www.asahikushisetsukyoukai.jp/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

児童が地域カフェ運営

児童が地域カフェ運営 社会

次回12日、今宿西ケアプラ

12月9日号

歳末キャンペーン実施中

歳末キャンペーン実施中 経済

21日まで、ココロット鶴ヶ峰

12月9日号

二輪車、高齢者の事故多発

交通安全

二輪車、高齢者の事故多発 社会

「安全確認・ルール守って」

12月9日号

「詐欺対策に留守番設定を」

防犯

「詐欺対策に留守番設定を」 社会

1千万円超の被害額も

12月9日号

水道を考えるパネル展

水道を考えるパネル展 文化

14日まで、旭図書館

12月9日号

「広い世界見て気づきを」

地球のステージ

「広い世界見て気づきを」 教育

本宿中で医師が公演

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook